サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

霧の橋(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264820-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

霧の橋 (講談社文庫)

著者 乙川 優三郎 (著)

【時代小説大賞(第7回)】【「TRC MARC」の商品解説】

霧の橋 (講談社文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店天満橋店

父の死と兄の不正でお...

ジュンク堂書店天満橋店さん

父の死と兄の不正でお家取りつぶしになり江戸で商人として生きている男には、隠しきれない武士の面影がある。挙措、目つき、研ぎ澄まされた心、商人には持ちえない凛とした姿が、商人として生きていきたいと願う男を、困難へと誘う。
主人公の苦難は、現代に生きる私たちに実感できることではない。それでもこの男と一緒に苦悩し、再起を図り、壁に立ち向かうその心に共感せずにはいられない。著者の筆さばきの見事さにほれぼれしてしまう。
さらに、主人公を取り巻く女性たちの生きざまがよい。
女房・仇・仇の使い、みな強い女性たちばかりだ。しかし、その強さを言葉ではなく精神で表現し、どんなにつらくても生きることを選ぶその芯の確かさに、ぐっと魅かれてしまう。
刊行されて10年経つが、もう一度日の目を見せたい作品だ。
文芸担当 中村

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/12/17 01:59

投稿元:ブクログ

たった今、読み終わりました。
サスペンスじゃないのに、ドキドキした。ラストシーン。何か起こるんじゃないか、ドキドキ。たぶん、敢えて奥さんの心理描写をあまりしていない。だから、ラストシーンがどうなるのかが全く読めない。だから、サスペンスじゃないのに、最後何かどんでん返しが起こるんじゃないかとドキドキする。でも、奥さんの気持ちになって読んだ。心が通い合ってよかった。

2005/04/23 12:08

投稿元:ブクログ

山本周五郎賞受賞作「五年の梅」でこの作者を知つた。

今囘讀んだ「霧の橋」は第7囘時代小説大賞受賞作品ださうだ。

讀んでみて納得。
妻の實家を嗣いで、武士を捨てて商人になつた主人公が、商賣敵の陰謀に對抗して商賣に工夫をこらす。
武士だつた過去を忘れて、商人になりきろうとする主人公だが、商賣敵の雇つた者どもに襲はれるに至つて、武士のこころが甦つてしまふ。
妻は夫が武士に戻つてしまふのを恐れて、夫婦の仲があやしくなつてゆく。
そして、父の死の原因となつた女が登場すると物語は一氣に佳境に入つてゆく。
ラストシーンは霧の橋の上。
詳細をここで書くつもりはないが、なかなかしつとりとした、こころに響くラストシーンであつた。

2003年10月26日讀了

2005/10/02 21:13

投稿元:ブクログ

武家の次男坊だった主人公が、紅を扱う小物問屋の娘おいとと結婚し、商人として生きていく中で起こった二つの出来事がメイン。
武家の出としての父の敵討ちと、店の主として、大店の陰謀から自分の店、ひいては同業者の問屋を守ろうとする、ふたつの大きな伏線があって、それらが複雑に絡み合って、ドラマチックに描かれている。
勧善懲悪のベースがあるから、安心して読める。
第七回時代小説大賞受賞、と書かれても、それがどんな賞なのか知らないので「ふうん」という感じだけど、でも確かに面白いと思った。
主人公を始めとする登場人物が魅力的で、情景描写や時代考査、複雑な背景がきちんと丁寧に描かれていて、好感が持てる。

2005/10/09 13:40

投稿元:ブクログ

なんか見覚えのある粗筋、と思ったら、数年前に年末の特別ドラマになってた話でした。終始漂う緊張感がたまらん!

2009/03/16 20:35

投稿元:ブクログ

古本屋で偶然目に止まり買った本でしたが、これはいい!!
続きが読みたいです。新刊でもいいから買おう。
あまりにも感動したため、著者について調べてみたらこの作品、第7回時代小説大賞受賞作らしいですね(古本のためオビはついてなかったんですよ)。
この緊張感と哀愁感が好きです。

2011/01/02 17:50

投稿元:ブクログ

もとは武士だった男が、紅屋の主人として生きる、人情あり、駆け引きありの物語。
この作者は、一本の物語を描きながら、その裏に表のストーリィに負けないくらいの設定を用意する、というのが手法なんでしょうか。
「喜知次」でもそうでしたが。
商人としての浮き沈みが主ですが、裏筋の方が気になるというか、きっと作者はそれを描くために主筋を描いているのでしょう。
夫婦の絆もあり、駆け引きの面白さもあり、かなり「読ませる」お話ですが、はらはらするような展開はちょっと苦手なので星4つ。

2010/01/21 20:44

投稿元:ブクログ

全1巻。
時代小説。

おお。
しみる。

あれね。
時代小説は歴史小説と違って
史実に引っ張られないから
現代小説みたいにいいと思える話を書けるのね。

元武士が町人になろうとしてなりきれずにもがく話。
その骨の上に経済サスペンスなのが肉付けしてる感じ。

最後はジーンとする。
やっぱり夜明けの使い方が上手い。

2009/07/13 02:32

投稿元:ブクログ

友人と「江戸時代に生まれたら、職業は何につきたいか」という話になったことがある。

侍は堅苦しいし、下手したら切腹だし絶対に嫌だというのがお互い一致した意見。

私は「手代か通い番頭」希望だった。
が、本書を読んで商人も現代のサラリーマンと同様、何かと気苦労が絶えなかった様がうかがい知れた。

刀を捨て町人となった主人公。
婿として商家に入り、妻は賢く夫婦はうまくいている。
侍としての自分は忘れたつもりでいるが、妻や商人仲間はどこかで侍だった頃の主人公を意識している。
侍の出世競争も激しいが、商人の世界は輪をかけてしのぎを削った商売争い。
しかも酒を酌み交わして一見味方の様に振舞っておきながら、裏では足の引っ張り合い。

最後は希望がもてる終わり方なので、いいちゃいいんだけど、
駆け引きの苦手なわたしには到底無理っす、商人。

因みに友人が就きたい職業は「花魁」だそうな

2014/09/21 09:05

投稿元:ブクログ

読後、いい時代小説を読んだと心地良い余韻に浸れる小説でした。

情景が目に浮かぶラストシーンは本当に素晴らしかったです。

2010/07/20 08:09

投稿元:ブクログ

武士って大変なんだなあ。でも、現代と相通じる悩みもあるのだなあ、と思った(書いている人が現代人だから当然だけれど)。
最後はいい感じ。

2011/02/14 16:21

投稿元:ブクログ

これは何だろう、本当にあったかい涙がにじんでくるような小説。
綺麗なだけじゃなくて、読んでいて途中辛いんだけど、最後まで行くとああ読んで良かった、て心から感動できる。
年上の人にも同世代にも薦めたい一冊。

2014/07/30 12:35

投稿元:ブクログ

 武士を捨てて商人になった惣べえ。しかし、心の底から商人になりきれず、武士としての立ち居振る舞いや考え方が顔をだす。「銀2貫」が思い浮かんだ。武士は、仇討だなんだと大変だ。商人として目の前の幸せがふいになりそうで心配したよ。

2011/08/01 19:56

投稿元:ブクログ

父が薦めてきたので読むことに。

時代小説大賞受賞作。

と、いうわけで面白くないわけがない。

元武家の商人の江戸での生活を追った”新感覚”(だと思う)時代小説。


よく読後感が最高!
って小説ありますよね。

乙川さんのこの小説はまさにそうです。

LASTシーンがいいです。

あ~~~~!面白くてスッキリした!
と思いたい方はどうぞ♪

2013/11/23 14:16

投稿元:ブクログ

乙川作品初期の傑作。テーマは”辛い過去との決別そして昇華”。武士を捨て、小さいながらも紅屋の主人になった惣兵衛。大店の陰謀と父の死の真相が愛する妻とのささやかな幸せに揺らぎを引き起こす。物語の背後に緊迫感を漂わせ、揺れ動く心の機微を繊細な言葉にて書き込む技は流石。ラストはヒタヒタと感動が押し寄せる~。

2011/09/29 07:41

投稿元:ブクログ

藤沢周平のようなみずみずしさがある作風で、好感が持てる。武士上がりの町人という設定が秀逸だが、経済小説的側面と遊離している気がして、少々プロットがいびつな印象も。