サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「超」勉強法(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264827-X
文庫

紙の本

「超」勉強法 (講談社文庫)

著者 野口 悠紀雄 (著)

「超」勉強法 (講談社文庫)

576(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

ガリ勉をすすめる本ではない

2005/12/02 20:44

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜八 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経済学者野口悠紀雄の経歴。東京大学工学部卒業。大蔵省入省。アメリカに留学し、イエール大学で経済博士号を取得する。その後、埼玉大学、一橋大学、東京大学で教鞭を執る。現在は青山学院大学教授。公共経済学、ファイナンス理論専攻。
 こうして見ると、いかにも「知的エリート」という印象を受ける。
 しかし生家はけっして裕福ではなかったようだ。1945年3月10日の東京大空襲で野口家は罹災。「奇跡的」といえるような状況下で九死に一生を得る。更に、ご父君が数ヵ月後にフィリピンで戦死。
 『「超」勉強法』はガリ勉をすすめる本ではない。
 勉強ができない人、嫌いな人でも、正しいやり方を知ることにより勉強が楽しくなる。学生・社会人の別なく、勉強で自分の能力を高め人生の質を高めよう。このように説く本だ。
 本書で紹介される勉強法は英語の「教科書丸暗記法」、数学の「パラシュート勉強法」など具体的であり、非常に実利的である。
「教科書丸暗記法」はテキストを20回繰り返して読み、まるごと暗記してしまうという方法。私(喜八)も試してみた。確かに効果があった。きわめて実用的な本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「超」ためになる本だ!

2000/07/17 19:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コロコロナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の野口さんは、本書の冒頭で勉強におけるノウハウの重要性を説いていらっしゃいます。そしてその考えを反映して、本書には勉強に使えるノウハウが詰め込んであり、非常にためになります。
 特に私にとって有益だったのは、英語の「超」勉強法です。著者が勧める「丸暗記法」は、文法にあまりに多くの時間を割く割にはあまり英語力の付かない学校での授業に疑問を持っていた私がまさに求めていた勉強法でした。文法ももちろん英語を読むためには重要だと思います。しかし、文法は程々にして、丸暗記法を実践した方が英語の実力を付けるにはよいです。これは私が自分で試したので、自信を持って言えます。
 それから、国語の「超」勉強法も非常に役に立ちます。なかでも「文章のねじれをなくす」というアドバイスは特に重要です。この部分を読んで以降、世間に出回っている文章がいかに「ねじれているか」を実感しました。私もなるべく本書のアドバイスにしたがってわかりやすい文章を書くように気をつけています。
 そのほかにも物事を記憶する方法や気分転換の方法など、まさに「かゆいところに手の届く」勉強法の本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

受験を技術で説くハウツー本

2005/10/09 16:20

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語は教科書丸暗記,国語は「字数で内容が決まる」,数学はパラシュート法(三角関数なり微分なり,現時点でやっているところに集中し,基礎に拘泥しない)などというのが本旨。暗記法については,理解したり,関連づけたり,反復したりが大切だ,らしい。自分の勉強法を開陳したという本という印象。
本書を著すために類書を300冊読んだらしい。その勉強の跡は,それらからの引用でもわかる(ポアンカレからの分数についての引用には括目した)。勉学に意欲的な生徒には有効。意欲さえあれば,あとは方法論だけが求められるだけだ。
英語の教科書丸暗記は,たとえば長崎大学付属中学校では実践されているらしい。つまり選ばれし者はやっているし,やらされているということだ。数学パラシュート法は,本気になった生徒にはたしかに方法論として有効だろう。だが,国語の「字数で内容が決まる」は,東大など筆記が出題の主力になっている大学受験者にしか参考にはならないだろう。
「単語帳ほど無味乾燥なものはない」(54頁)。御意。しかし,文章丸暗記って万人には興味がないだろうし,単語帳なら学習が単調な分だけ,気分が向かないときに始動手段としては有効だと感じたのは中高校時代の僕。
藁にすがりたいなら読むべし。受験を精神ではなく(精神も重要だと思うけど),精神を体現する技術で説くハウツー本としては,有効だと思う。(1104字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強ほど、贅沢で楽しい趣味はないと思う

2001/03/29 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桐矢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一度読んでみようと思っていた本。今となっては類似本がいろいろ出ているようだが、さすがにいろいろうなずかされることが多かった。
 勉強そのものは、教えてもらえても、勉強の仕方は誰も教えてくれない…。それを教えてくれる、優秀な教師であったり、家庭教師だったりするのだろう。
 一番、共感した言葉。「これらは投資としての勉強ではなく、消費としての勉強である。何のみかえりも期待せず、勉強することそれ自体を目的とする。これこそが、究極の勉強法であろう」
 もう、全くその通り。消費のための勉強は、ほんとうに楽しい。もちろん、この本は、「受験のための」勉強とか、「コミュニケーションのための」英語の勉強とか、「仕事のための」経済の勉強とか、そのような場合にも力になってくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「超」勉強法

2001/03/15 01:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「超」勉強法というだけあって、ここにかいてあるのは普通の勉強法とは違う。しかし、考えようによってはこの「超」勉強法がじつは普通であり、私達の勉強法が普通ではないのかもしれない。
 つまり、その人にあった勉強法が一番よく、普通なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルで売れたのではないか、という気もする

2001/02/28 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 英語の勉強法(教科書の丸暗記)には賛成できない。私はそんなことをしなくても英語が得意だった。だいたい、子供というものは暗記を嫌う。嫌いなことをさせても意味がないじゃないか。それに昔英語の先生が、教科書の丸暗記を生徒に課していた。私はその先生のクラスじゃなかったことを神に感謝した。その丸暗記クラスが私たちの普通のクラスより英語の点が良かったかというとそんなことはない。生徒は覚えろと言われればしょうがないから覚える。でもそんなものすぐに忘れてしまう。
 人により勉強法は色々ちがう。どれがベストかということはひとまとめには言えないし、その生徒の性格を把握した上でないと正確なことはいえないのではないかと思う。
 結局この本は勉強好きな子供には通用しても、勉強嫌いの子供を変えるパワーはないのではないかと思う。
 でも数学の所などはけっこう参考になった。
 書いてあることを鵜呑みにするのではなく、自分でどこが使えるか判断しながら読むなら役に立つ書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/29 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/04 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/07/07 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/18 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/16 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/02 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/22 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/02 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る