サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

封印再度 Who inside(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 325件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/572p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264799-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

封印再度 Who inside (講談社文庫 S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

封印再度 Who inside (講談社文庫 S&Mシリーズ)

864(税込)

封印再度 WHO INSIDE

702 (税込)

封印再度 WHO INSIDE

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

キーパーソンは誰?

ジュンク堂書店三宮店さん

大学工学部建築学科助教授・犀川創平と教え子であり恋人(?)である西之園萌絵が事件を解決する、通称S&Mシリーズ。どの事件もメインの謎は密室トリックである本シリーズにおいて、今回の事件は二つの密室が登場する。
 親子二代にわたっての密室での死。家宝である天地の瓢と呼ばれる壺に入った鍵。しかもこの鍵は壺を割らずに取り出せて、中に戻す事が出来るという。
 この二つの謎の真相もそうだが、私個人としては、密室殺人の解明に関係する、ある人物のある一言がこの作品のメインと言えると思う。人によっては多少無理があると言うかもしれない事実だが、私はこういった特異な真相がある作品の方が好きです。
 最後に触れずにはいられないのが、本作のタイトル。二つの謎にからんだダブルミーニングとなっている。このタイトル一つとっても森博嗣恐るべし。

文庫・新書担当 山中信哉

みんなのレビュー325件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

実際に再現可能ならちょっと見てみたい

2009/01/08 13:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 儀同世津子の土産話として、50年前の密室死の現場に残された、取り出せない鍵の入った壺とその鍵で開ける箱の話を聞いた西之園萌絵は、現場となった旧家を訪ね、現物を見せてもらう。その後、50年前に亡くなった香山風采の息子、林水も、父と同様の状況を残して死体で発見される。萌絵から話を聞いた犀川創平は、嫌々ながらも事件に巻き込まれていくのだが…。密室と家宝の謎に関係はあるのか、果たして自殺なのか、他殺なのか?

 提示された謎に対して、問題を分割し、状況を再現する仮説を立て、実際に検証するというのが、解決へのステップ。この際に作者は、問題を、論理的に解決できる問題(=どうやって密室を作ったか、何のために密室を作ったか)と、解決できない問題(=事件の動機、など)に分け、後者に対しては不定のままにしてしまう。一方で前者については、一意に解を定めるのだが、その際に使用する道具立てとして、おそらく一般読者があまり知らなかったであろうことを平気で使用する。これをアンフェアだと否定する向きもあるかもしれない。しかしこれは、作品を読むに当たって前提とする常識の、拡張的再定義を読者に求めているともいえる。あなたの知らない常識が世の中には溢れているのだよ、というわけである。
 この、これまでの常識と新しい常識の接触と融合というプロセスは、犀川と萌絵の関係の変化という形でも比喩的に表現されているのではないだろうか。このようなミステリーの枠組みを拡張するための試みがなされていることが、本作を、単に読み捨てられるのではない、再読可能な物語たらしめている原因ではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

香山家に伝わる家宝「天地の瓢」と「無我の箱」の謎とは——

2006/03/25 21:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

香山家には二つの家宝が伝わっている。 その内のひとつ「天地の瓢(こひょう)」といういわくありげな名の壷の中には、鍵が入っているが口が小さくて取り出せない。仏画師・香山風采は息子・林水に、もうひとつの家宝「無我の箱」を開けるには、壷を割らずに鍵を取り出さなければならないと言い残し、謎の死を遂げた。そして50年経った今でも、その謎は解かれていないという。
萌絵はなんとかこの難解な謎を解こうとするが、そうこうする内に、ある雪の日、香山林水が父・風采とよく似た状況で、死体となって発見される。
川原で発見された林水、内側から施錠されていた林水の仕事場である蔵、蔵に残っていたおびただしい血痕、血糊のついた「天地の瓢」、その傍には「無我の箱」、見つからない凶器—— 林水を殺害したのは、誰なのか?

とても面白かったです。前半は他のシリーズ作と大差ありませんでしたが、読み終えたときには満ち足りていました。ここまでの満足感は『すべてがFになる』以来ですね。
今回のお話の焦点は、ひとつは萌絵嬢、もうひとつは「天地の瓢」と「無我の箱」でしょう。
前者は、ずばり、 “萌絵嬢、女優になる(そして周囲を振り回す)” です。
目的を遂げるために彼女は色々なお芝居をしていて、その見事さにびっくり。目的のためには手段を選ばないというのは西野園家の女性が持つ共通点のようですが、前作で大人になったなぁと思わせられた萌絵嬢、本作でやっぱり子どもだ、になってしまいました。
そしてもうひとつ。これは一言でいうなら「天地の瓢」と「無我の箱」に象徴される禅問答です。 微妙に完璧でないアンバランスさ、欠けているところに見出される美、己を滅するということ…。 そんなものが作品の中心を静かに流れていて、本を読みながら一緒に考えさせられ、読み終えても考えさせられます。 今回は明確な答えが出されていないので尚更です。謎が謎を呼んで、ひとつが解決されると更なる謎が現れて、そして全ては闇の中。

私はミステリは門外漢なのでよく分かりませんが、なんとなく森博嗣の作品はミステリとしてより文学として(いえミステリも文学ですが)読んだ方が楽しめるのかなと思いました。
幾つかの解説で、森博嗣作品は読者を放り出して答えを教えない(←悪い意味合いではありません)、とあったのが、本作で実感できました。この余韻が私にはなんとも心地よいのですが、すっきりさっぱりが好きな方には向かないだろうなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンプルながらも多彩な楽しみ満載で好感持てた。

2018/08/16 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンプルながらも多彩な楽しみ満載で好感持てた。壺(鍵)と鍵箱の謎という読者への餌をまず投げ与え、それに密室殺人事件を絡めて見せるのは既に定番。今回はそれに、気になっていた犀川と萌絵の変則恋愛ドタバタ劇を強く絡めることで多彩な作品に仕上がっていた。また、本作では、章ごとのタイトルにも工夫が凝らされていた。「鍵は壺」・「壺は密室」・「密室は闇」・「闇は記憶」というように尻取りの様に続き、最終章で「真実は鍵のなかに」と1章に戻っている。時々挿入されるかなりピンボケというか意味なしジョーク(?)には頭を悩まされるが、概ね作風には慣れて来た。
 しかし、池波志乃(女優)の解説を読んで、本シリーズにはもっと大きなカラクリが仕込まれているのでは思い始めた。本シリーズは、全10巻と短編集2巻で構成され、本S-5『封印再度』はその前半部の〆だという(566)。確かに、犀川⇔萌絵関係に一定の決着がついたという意味だけでも大きな転換点ではある。さて、後半5巻ではどんな人間ドラマを描いてくれるのか楽しみですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このトリックは、

2017/01/08 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

流石に金属工学の素養がないと無理、と諦めました。「すべてがFになる」が非常に面白かったので、この作家の作品をもう一つ二つ読んでみようと思い順番を無視して本作を。「すべてがFになる」に比してスケール感や意外性は多少見劣りするものの、推理小説としてのレベルは標準以上だと思いますし、一気に読んでしまう程面白かったので、これから順番通りにシリーズ作品を全部読んでみたいという気にさせられました。その意味では、2作目にこの作品を選んだのは正解だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/28 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/26 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/29 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/28 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/18 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 04:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/25 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る