サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会・時事
  5. 有斐閣
  6. もう一つの日米関係史 紛争と協調のなかの日系アメリカ人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もう一つの日米関係史 紛争と協調のなかの日系アメリカ人
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 有斐閣
  • サイズ:20cm/255,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-641-07628-6
  • 国内送料無料

紙の本

もう一つの日米関係史 紛争と協調のなかの日系アメリカ人

著者 飯野 正子 (著)

日米関係の変化のなかで、日系アメリカ人は、自分と日本、そしてアメリカとの絆をどのように見てきたのか。彼らのおかれた状況・立場・意識の変化を通して、19世紀後半から最近まで...

もっと見る

もう一つの日米関係史 紛争と協調のなかの日系アメリカ人

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日米関係の変化のなかで、日系アメリカ人は、自分と日本、そしてアメリカとの絆をどのように見てきたのか。彼らのおかれた状況・立場・意識の変化を通して、19世紀後半から最近までの日米関係を描き出す。両国の懸橋の歴史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

飯野 正子

略歴
〈飯野正子〉1944年生まれ。シラキュース大学大学院歴史学科修士課程修了(MA取得)。津田塾大学教授。著書に「日系カナダ人の歴史」「エスニック・アメリカ」「日本の移民研究」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/5/7朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 副題の「紛争と協調のなかの日系アメリカ人」が本書の内容を表している。十九世紀後半から最近までの日米関係を日系アメリカ人を主軸に据えて描く。外交史的な日米関係史とはひと味違う、草の根レベルの日米関係の最前線の記録である。
 戦前の日米関係史で最も大きな出来事の一つは一九二四年のいわゆる排日移民法だろう。それが人種偏見に基づくものだったのは明らかだが、本書によれば、当時の日本の外交官たちは、後の排日運動の誘因とも見られるような日本人移民たちの状況を報告していた。経済面のみならず、道徳面でもすさんだ生活をしていた人々がたくさんそこにはいた。
 第二次世界大戦中の収容所生活を経て日系アメリカ人たちは戦後、成功物語の主人公となり、「モデル・マイノリティ」と呼ばれるようになる。知的職業についている日系人の比率は全体の平均よりもかなり高い。しかしそれはそれで今も問題を含んでいるようであり、差別をめぐる問題に日系人たちは今でも敏感であるという。
 米国は、多民族がとけ合うルツボではなく、それらが個性を発揮しながら全体としていい味を出すサラダボウルといわれる。各民族のなかで日系人ほど、母国と米国との関係の影響を受けた人たちはいない。彼らは日米関係の重要な要素だった。
 日本から日米関係を考えるとき、日系人の要素はしばしば忘れられがちになる。だが、日系アメリカ人たちは今でも「日米関係の架け橋」である。本書はそれに光を当てた点で意味がある。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

民族・移民・難民 ランキング

民族・移民・難民のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む