サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねこさんびき
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: すえもりブックス
  • サイズ:29cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-915777-25-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ねこさんびき

著者 アン・ブルイヤール (作)

白黒の猫が三匹、木の枝に並んで下を見ています。水の中には赤い魚が。丸々とふとった猫たちの一匹は、じっとねらいを定めて、ついに水の中に飛び込みました。言葉がないからこそ見る...

もっと見る

ねこさんびき

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白黒の猫が三匹、木の枝に並んで下を見ています。水の中には赤い魚が。丸々とふとった猫たちの一匹は、じっとねらいを定めて、ついに水の中に飛び込みました。言葉がないからこそ見る者をあっと驚かせる、大胆な描写の絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アン・ブルイヤール

略歴
〈アン・ブルイヤール〉ベルギーのブラッセル生まれ。ブラッセルのサン・ルーク美術学校で学び、現在は絵を描いたり、子供たちに絵を教えたりしている。10代の頃に発表した「ねこさんびき」でヴェルセール賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文字なし絵本のおもしろさを味わう。

2010/06/05 17:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は絵のみの、文字通りの「絵本」である。

原題はフランス語で、TROIS CHATS。

この言葉で検索をかけてグーグルの画像を見ると、
TROIS CHATSのタイトルをもつおしゃれな3匹の猫の
写真やイラストがたくさん見られておもしろい。

日本ドメインの3匹の猫の写真やイラストとは
どことなく違う雰囲気が楽しめる。

本書の原書の書影も確認することができる。

さて、この原題は、直訳すると「3匹の猫」である。

それを「ねこ さんびき」としたところに
どことなくおもしろみを感じるのだ。

「3匹の猫」だと、なにか昔話の語りが聞こえてきそうなのだけど、
「ねこ さんびき」というと、「ねこがどーんっとさんびきいる」絵が
迫り出して見えるように思えるのだ。

ところで、字のない絵本といえば、
ガブリエル・バンサンの『アンジュール』が思い浮かぶが、
興味深いことに、ガブリエル・バンサンも
本書の著者であるアン・ブルイヤールも
どちらもベルギーのブリュッセルの出身で、
美術学校で学んでいるという共通点がある。

実は、私自身は決して絵を味わうのが得意というわけではない。

文字で情報を入れて、文字で書いていくのが一番得意だと思う。

だが、できるだけ五感を開き、文字で表されていないものを
自分の言葉で、文字で表現してみようとする過程は好きである。

そういうこともあり、『アンジュール』の書評で難産したにもかかわらず、
文字なし絵本語りに再びチャレンジしてみようと思ったのだ。

表紙の猫の存在感は、一匹ならば『ねこのせんちょう』が一番だと思うのだが、
本書の三匹の微妙に違う個性的な姿には目を惹かれる。

三匹は白黒猫なのだが、白黒の量が微妙に違っている。

一番左の猫は白が多目で、体だけではなくて顔も半分近くが白く、黄色の目をしている。

真ん中の猫は黒が多めで、白いのはおなかの部分。目は緑色。

一番右の猫は前足は黒が多くて、後ろ足は白が多い。
白黒バランスは今までの二匹の中間くらいで、目は青。

三匹の猫の距離感覚は均等ではなく、
黄色い目の白黒猫と緑の目の白黒猫は寄りそうように近くにいて、
青い目の白黒猫はちょっと離れている。

三匹の目がお互いをけん制しあっている。

黄色の目の猫が見つめているのは、緑の目の猫。
青い目の猫も少し離れたところから二匹の猫を見ている。
緑の目の猫のまなざしはまっすぐだ。

三匹の長い黒い尻尾がすーっと木の枝から垂れている。

見返しは、どこまでもどこまでもどこまでも青い空、
そしてぽっかりと浮かぶ白い雲。

中表紙の猫たちは少し目線が変わってきている。

三匹の目は静かに下に向けられているのだ。

特に青い目の猫は、前のめり具合が違う。

静かに止まっているのに、もう次に動きがあるとわかるのだ。

そして本編が始まる。

青い目の猫はますます前のめりに下を見ている。

そんな青い目の猫を見ている黄色の目の猫と緑の目の猫。

ここまでの3枚で動いているのは、三匹の目と青い目の猫の体躯の傾きだけなのだ。

下には一体何があるのか。やっと次の絵で見えてくる。

濃い緑の水の中、真っ赤な魚が三匹、泳ぎ回っているのだ。

青い目の猫はもう魚に引き込まれてしまいそうだ。

そして・・・。

そして・・・。

飛び込むまでが本当にゆっくりだ。

青い目の猫の体躯がゆっくりゆっくりのめっていくのを
ぜいたくにも本編3枚の絵で描く。

泳ぎまわる赤い魚。

とうとう青い目の猫の前足が離れる。

後ろ足がしっかりと木の枝を捉え、尻尾がしなやかに動く。

三匹の赤い魚は、猫の動きに気づいて、目を見開いて固まっている。

ここは青い目の猫と三匹の赤い魚のみの絵。

飛び込んで着水する直前。まだ青い目の猫は若干水面の上にいる。

猫の飛び込む姿がきれいだと思った。

うずをまく水面。

飛び込んだ猫の姿も赤い魚の姿も見えない。

緑の目の猫と黄色い目の猫は、不思議そうな様子で
顔を木の枝にくつけるようにして下を見ている。

二匹は同時に飛び込んだ。

こちらは派手に飛び上がる水しぶきに黒い二本の尻尾が立ち上がっている。

その先の展開は、予想外だ。

今まで、ゆっくりゆっくりゆっくり展開していたものが、
残りの二匹が飛び込んだことによって、急速に展開してしまうのだ。

なんかこういうことって、あるよね?

なんて大人絵本読みは、つい何かに例えてしまいたくなるけど、
なんだかおもしろい、ということでよいのかもしれない。

おもしろみは、いろいろな要素でできているのだが、
最後にそれを目の前に展開するものから見つけ出すのは、
やはり自分の心の中にあるユーモアセンスなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/16 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/16 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/20 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/25 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む