サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Pollination(B-BOY NOVELS(ビーボーイノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

Pollination (Be boy novels)

著者 木原 音瀬 (著)

谷脇の勤務する病院に怪我をした少年・佑哉が急患として運び込まれた。佑哉の頼りなげな顔立ちに、心を激しく揺さぶられたかつての恋人を思い出した谷脇だが佑哉に強く拒絶され…。続...

もっと見る

Pollination (Be boy novels)

918(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

谷脇の勤務する病院に怪我をした少年・佑哉が急患として運び込まれた。佑哉の頼りなげな顔立ちに、心を激しく揺さぶられたかつての恋人を思い出した谷脇だが佑哉に強く拒絶され…。続編「NEED」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「壊れた人達」に感じるもの

2001/05/29 12:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:smile - この投稿者のレビュー一覧を見る

 木原さんの「裸んぼ」シリーズ・最終巻。表紙がぜんぶ裸なので裸んぼシリーズなのだそうだ。確かに私も購入時、相当恥ずかしい思いをした。しかしそんな思いを乗り越えて、ぜひ読んでほしいシリーズである。

 シリーズを通じて、色々な意味で「壊れた」人々が登場する。「そんな馬鹿な」と思うような事件や行動を次々と起こす彼らに、嫌悪感すら抱きつつ、それでも読みすすめる手をとめる事が出来ない。

 フィクションの中にかいま見えるノンフィクションな部分、つまりリアルな心情描写に、思わずどきりとさせられる。
 著者・木原音瀬さんの最高傑作だと思う。途中で手を止めず、ぜひ最後まで読んでみて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作です!

2016/01/31 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

新装版が、「Passed by」が入っているので、本当は、それも一緒に合わせて読んだ方が、より感動するのですが、これだけでも、充分、涙します!
自閉症というものが、どういうものなのか、少し分かった気がします。佑哉の幸せを願わずにはいられない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わったその先に。

2002/07/17 15:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原作品を読んだ後は余韻がしばらく抜けなくて困る。
今回は自閉症についてネット検索なんぞかけてしまった。つまり、それだけ知りたくなってしまうのだ、登場人物の気持ちを。
佑哉は美少年でもないし、谷脇はやっぱり最低な奴に変わりは無い。同じ設定で他の作家さんが書いても、こんなに引き付ける物語にはなりえないと思うのだ。
本書を読了し、木原作品を集める決心をした私なのであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/01 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る