サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/465p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747173-X
文庫

紙の本

プラハの春 上 (集英社文庫)

著者 春江 一也 (著)

プラハの春 上 (集英社文庫)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

激動の歴史ドラマと恋愛悲劇

2002/08/08 03:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:土星のご隠居 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は面白い。一気に読んでしまった。1968年のチェコスロバキアにおける社会主義を保ちながらの民主化運動、いわゆる「プラハの春」。主人公である在プラハ日本大使館職員青年と美しい東ドイツ出身の女性との恋愛をからませ、鮮明に「プラハの春」の激動を描ききる。作者は本当に当時在プラハ日本大使館に勤務していた外務省職員なのだそうだ。歴史的背景についての説明も詳しく、予備知識がなくても充分楽しめ、歴史への興味が湧く。美しいプラハの街をいつの日にか探訪したい気分になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1968年チェコスロバキア

2002/07/22 12:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「プラハの春」
世界史の授業では「民主化運動」と「ソ連の軍事介入」ということだけで終わってしまう。
なぜプラハの春が起こりそして潰されたのか。
その当時外交官としてチェコにいた筆者が「事実を基にしたフィクション」として描いているのが本書である。
歴史を記録している作品として読むのもよし、日本の外交官堀江亮介(これは筆者であろう)とカテリーナの悲哀の物語として読むのもよし、読み手側の受け止め方次第であろう。

「日本国民である本パスポートの所持人を通路故障なく旅行させ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する」と記載されているパスポートの保護要請文から当時除外されていたのは北朝鮮と東ドイツ。
その東ドイツのカテリーナとリョウの数奇な運命は…。

2002年、宝塚歌劇星組によって舞台化された。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本日のお勧めメニューは、外交の恋愛包み揚げ。

2004/06/30 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ryosuke Nishida - この投稿者のレビュー一覧を見る

冷戦終結直前期のプラハにおける民主化運動=プラハの春と外交官堀江亮介の恋愛をからめて描く歴史小説。作者が元外交官と言う事もあり、史実、国際情勢の分析が詳細で臨場感があるにも関わらず、巧みな恋愛エンターテーメントに仕上げてあり勢いで読める。現代世界史の概観にもいいかもしれない。下巻と続編『ベルリンの秋』上下巻に続く。あえて難点をあげるとすると、だらだらと続くナルシシズム的なセックス描写がくどい点か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/17 05:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/15 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/16 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/27 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/02 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/05 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/17 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/22 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。