サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小林一茶(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720022-1
新書

紙の本

小林一茶 (集英社新書)

著者 宗 左近 (著)

小林一茶 (集英社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やさしさと切なさと生活臭と

2012/01/29 17:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

小林一茶の名は知らなくても
「痩せ蛙 負けるな一茶 これにあり」
「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」
「やれ打つな ハエが手をする 足をする」
といった句なら聞いた事があるだろう。

松尾芭蕉の俳句は、いかにも「芸術」という感じだが、小林一茶の俳句には「作者の体温」というか「生活臭」まで感じられる。
ひらたく言えば、松尾芭蕉の句は洗練されていて、小林一茶の句は泥臭いのだ。

例えば、天の河を詠んだ句でも
「うつくしや 障子の穴の 天の河」(小林一茶)
「荒海や 佐渡によこたふ 天の河」(松尾芭蕉)
という違いがある。

どちらもすぐ情景が思い浮かぶ。
松尾芭蕉の句は、さりげなく引用したりするとカッコいいと思うが、共感するのは小林一茶の句の方だ。

が、一方で
「日(ひ)の本や金も子を生む御代の春」
「是がまあ 終の棲家か 雪五尺」
「元日や 我のみならぬ 巣なし鳥」
といった自嘲や皮肉を込めた句もあれば、
「はつ雁も 泊るや 恋の軽井沢」
「恋人を かくしたススキ かれにけり」
「散りがての 花よりもろき 涙かな」
といった、作者名を知らなければ、別の人の作品かと思ってしまうような作品もある。

かと思えば、
「懐の 子が喰いたがる 桜かな」
「名月を にぎにぎしたる 赤子かな」
「這え笑え 二つになるぞ けさからは」
という句もある。
これだけならば、親バカ全開の句だが、小林一茶は子供を幼いうちに亡くしている事実を思うと悲しい句でもある。

実際、小林一茶は小さい頃に母親を亡くし、継母とソリが合わなかったり、子供を早くに亡くしたり、とかなりの苦労人らしい。
小さいもの・弱いものに対する暖かい眼差しを向けつつも、生活感漂う句や皮肉や自嘲的な句も作り、親バカ的な句も作る。
俳人として一筋縄ではいかない人物だったようだ。

生涯で作った俳句は約2万句と言われている。
本書で紹介されているのは、そのうち330句。
著者曰く、おもしろくない句も多い、そうだが、他の句にも興味が湧いてきた。

ただ本書の構成にについて1点。
句をいくつか紹介した後、その解説があるのだが、それが離れているため、どれがどの句の解説か分かりにくいのが難点。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/5/7朝刊

2000/10/21 00:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一茶の残した俳句は約二万句にのぼり、芭蕉、蕪村も遠く及ばない。詩人で、近年独自の俳句解釈を示す著者はそれを三百三十句にまでしぼりこみ、解説。入門書としても活用できるが、詩論としても興味深い。
 一茶を在原業平の直系の詩人ととらえる。人間としての愛と悲しみが激しすぎ、それだけ虚心に自然と向き合うことができなかったという意味でだ。読者に語りかけるように、一茶の近代性に光をあてていく。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/08 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む