サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イギリスに伝わる怖い話 英国幽霊怪奇譚
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-479-75042-8
  • 国内送料無料

紙の本

イギリスに伝わる怖い話 英国幽霊怪奇譚

著者 高橋 宣勝 (著)

復讐する幽霊、死を予言する幽霊、約束を守る幽霊…。イギリスの夜を彷徨う様々な幽霊達の物語を紐解きながら、民間伝承の背後に潜む人々の俗信と恐怖の形を描き出す、知的興奮に満ち...

もっと見る

イギリスに伝わる怖い話 英国幽霊怪奇譚

2,052(税込)

ポイント :19pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

復讐する幽霊、死を予言する幽霊、約束を守る幽霊…。イギリスの夜を彷徨う様々な幽霊達の物語を紐解きながら、民間伝承の背後に潜む人々の俗信と恐怖の形を描き出す、知的興奮に満ちた英国幽霊譚の世界。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 宣勝

略歴
〈高橋宣勝〉1942年北海道夕張市生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。北海道大学言語文化部教授。著書に「語られざるかぐやひめ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なぜ幽霊は現れるのか?

2009/01/06 14:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PenPen草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学教授である著者が、北海道大学文学部で平成10年度に行ったヨーロッパ民俗論という講義内容をもとに書き下ろした本だそうです。
 第一章の見出しになっている「幽霊はなぜ現れるのか」をテーマとして、英国の怖い民話を材料に、死者が幽霊として現れる理由を追究しています。

 「幽霊が出てくる理由なんて、別に要らないのでは?」と怖い話が好きな私などは思いますが、読んでみると面白かったです。これは怖い話として読むより、ミステリーとして読むべきかもしれません。

 英国でも日本でも、死者が安らかに眠れない理由は同じです。
 犯罪や事故に巻き込まれて命を失った者の無念、裏切り者への復讐、残した財産への執着。また、これはキリスト教圏らしい理由として、行き倒れて人知れず死亡し教会墓地に埋葬されない、残した家族があまりに嘆くので死衣が濡れて寒くて眠れない、などが1章では取り上げられています。

 この本は、あくまでも幽霊がいる、死んでも魂は残る、ということを前提に書かれているので、「幽霊なんかいない」という方には、テーマ自体ナンセンスかも知れません。
 しかし、読み進むうちに、人間とは肉体と精神で成り立っており、現代社会は肉体に比重を傾けすぎた異常な時代になっていることに気づかされました。

 いまも昔も怖い話はありますが、現代は都市伝説ブームですね。
 都市にまつわる伝説、それは肉体的快楽のみを保障する都市社会に適合できず、精神を安定させる安全弁として、人間が作り出したものなのかも知れません。

 人間が、生きていくうえで精神的な面を必要とする生物である限り、幽霊はこの世に出現し、人々はその現れる理由を推察し、自分の生き方に反映させていくのでしょう。

 この本が絶版・復刻未定なのは、まことに残念です。
 版が重ねられることを期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/05 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/08 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/27 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の神話・伝説・民話 ランキング

日本の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む