サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時の誕生、宇宙の誕生
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:20cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88135-840-5
  • 国内送料無料

紙の本

時の誕生、宇宙の誕生

著者 ジョン・グリビン (著),田島 俊之 (訳)

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げから5年、「宇宙論最大の問題」であった宇宙と星の矛盾は解消し、長い論争に終止符が打たれた。宇宙の年齢問題に取り組んできた著者が語る、「時の誕生...

もっと見る

時の誕生、宇宙の誕生

2,700(税込)

ポイント :25pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げから5年、「宇宙論最大の問題」であった宇宙と星の矛盾は解消し、長い論争に終止符が打たれた。宇宙の年齢問題に取り組んできた著者が語る、「時の誕生」を追い求める人類の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・グリビン

略歴
〈グリビン〉ケンブリッジ大学で天体物理学の博士号を取得。サイエンスライター、英国サセックス大学客員研究員。著書に「シュレディンガーの子猫たち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/5/14朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井 孝典 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨今は、宇宙の年齢に関する科学成果が大きなニュースとして取り上げられ、新聞紙面の一面をかざることもしばしばある。しかしその成果といわれるものをよくよく注意して読むと、求められた宇宙の年齢が古い年齢の星の寿命より短かったりして、本当はどうなのか、むしろ読者には混乱をもたらす内容であったりということも多い。現在の観測値として何が妥当であり、現状がどうなっているのか、知りたいと思う人も多いだろう。そのような人達にうってつけの本が本書である。
 時間の始まりというものが如何にして測られるか、そのような試みの始まった十六世紀から、その歴史の経緯をたどる形で本書は始まる。それは初め、世界の始まりであり、それが地球になり、太陽になり、銀河系の星星になり、宇宙の始まりになる。その中で、時を測る手段が丁寧に解説され、読者は時を測るということの意味を具体的に理解することができる。宇宙の年齢の推定を除けば、その手段は直接的で分かりやすい。しかし対象が宇宙となると、その手段は間接的で複雑になる。
 後半はその解説であり、今世紀初めからの歴史をたどる形で科学史的に話が展開される。従って、時を測るといっても実際の内容は、銀河の観測の歴史である。他の銀河までの距離を測るという問題を中心に、これまでの発展の概説が述べられる。
 距離を測ることが何故時を測ることに関係するのか? 宇宙の年齢の推定は、ハッブルの法則として知られる観測事実によっている。それは、遠くの銀河ほど我々からより速い速度で遠ざかっているという、宇宙の膨張を示唆する観測事実のことである。膨張しているとすればその膨張速度でその銀河までの距離を割れば、それが膨張の始まった時からの経過時間となる。ハッブルの法則の精度はひとえに銀河までの距離の推定によっている。著者の結論では、宇宙で最も古いもの、即ち球状星団の年齢が一〇〇億年から一三〇億年、宇宙の年齢の推定値が一三〇億年から一六〇億年ということになる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宇宙論・宇宙物理学 ランキング

宇宙論・宇宙物理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む