サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コリアンタウンの民族誌 ハワイ・LA・生野(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-05839-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

コリアンタウンの民族誌 ハワイ・LA・生野 (ちくま新書)

著者 原尻 英樹 (著)

コリアンタウンの民族誌 ハワイ・LA・生野 (ちくま新書)

713(税込)

ポイント :6pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/6/18朝刊

2000/10/21 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 南北首脳会談の実現で、平和共存の時代を迎えた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と韓国。新しい情勢を考える上で忘れてはならないのが、海外で暮らす「在外コリアン」たちの問題だ。本書は日米のコリアンタウンで長年住みこみ調査を続けた文化人類学者によるリポート。在日韓国・朝鮮人社会はもちろん、ロサンゼルス、ハワイなど、米国に定住するコリアンの事例も盛りこんだのが最大の特徴だ。
 米国のコリアンは「アメリカン・ドリーム」の追求者で、米国市民としての安定した生活を夢見る。一方「在日」の大半は、やむなく日本に移り住んだ事情もあり、必然的に祖国愛を強調する生き方が導かれる。
 著者は、対照的な両者に共通する、多数派住民による差別と排除の構造を描き出す。九二年の「ロス暴動」でコリアンタウンが黒人に襲われたとき、警察は救助に動かなかった。このことはコリアンに自分たちが米国社会の枠外にあることを痛感させた。在日韓国・朝鮮人も長年、「いるのにいないことになっている人々」との視線を向けられ、差別問題が根強く存在する。
 著者の丹念な調査は、近代国家が生んだ「国民」「民族」「人種」の概念が、地域レベルでは階層や「——人」の呼称として実体化され、新たな「よそもの」を生み出す構造を明らかにする。そして日本人の家庭でのキムチの普及にみるような文化の混交に、この構造を変える可能性をみる。本書は「特定の『民族』や『人種』のカテゴリーを自明視」してきた、既存の文化人類学への問題提起の書でもある。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/21 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/03 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/24 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む