サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名探偵は密航中
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-07379-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

名探偵は密航中 (カッパ・ノベルス)

著者 若竹 七海 (著)

昭和五年、豪華客船・箱根丸は倫敦に向けて旅立った。しかし、のどかなはずの客船に、たまたま名探偵、猫、じゃじゃ馬お嬢様、女冒険家に宝石泥棒や殺人者までが乗りあわせて…。オム...

もっと見る

名探偵は密航中 (カッパ・ノベルス)

885(税込)

ポイント :8pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和五年、豪華客船・箱根丸は倫敦に向けて旅立った。しかし、のどかなはずの客船に、たまたま名探偵、猫、じゃじゃ馬お嬢様、女冒険家に宝石泥棒や殺人者までが乗りあわせて…。オムニバス・ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若竹 七海

略歴
〈若竹七海〉1963年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。編集プロダクション勤務などを経て「ぼくのミステリな日常」でデビュー。著書に「船上にて」「八月の降霊会」「ヴィラ・マグノリアの殺人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

船というもの

2001/12/12 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きんぴら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 旅は良い。特に船で行く海外というのは未経験のためか、余計に憧れが強い。
 この本は古き良き日本、海外に行く手段が船しか無かった時代の物語。そこに若竹七海お得意の、捻りの利いたミステリーが花を添える。見てきたような細かい描写、小気味良いストーリーテンポなどはさすがだ。人間の薄汚いところや、嫌なところも描かれているはずなのに、最後はすっきり読み終わる。
 まるで旅をして帰ってきたかのような、そんな後読感はミステリーファン以外の方にもお勧めである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

船と殺人に揺られて

2017/03/16 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

三菱長崎造船所によって作られた日本郵船の雰囲気が伝わってくる。昭和初期の設定だが、描かれる人物像は現代的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽めのオムニバス・ミステリー

2001/11/27 01:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本田亮司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 常に良質の作品を提供しつづけている作者だが、本作は息抜きといった感があり、さほどの面白みは覚えなかった。登場人物が多く、入り混じっており、なかなかキャラクターとしての魅力を引き出すところまでは達していない。各短編の解決も急いでいるように思われ、出来の悪いホームズ譚といった印象を免れ得ない。そもそも、若竹七海お得意の連作長編としても付け足しに過ぎず、興味を感じさせないのだから意外性も何もあったものではない。
 唯一、『船上の悪女』は新味の叙述トリックに挑戦している点で評価できる。しかし、全く効果を挙げておらず、作者が自覚的なのか無自覚なのかも定かではないのが残念だ。子どもを書かせたら本当に巧いのは確かだが。
 本作はオムニバスミステリーと銘打たれているが、その効果は定かではない。オムニバスに徹しきれておらず、また連作長編としても中途半端になってしまっており、効果を相殺してしまっていると思う。設定自体は興味深いものがあり一本の長編として書かれていればと考えると惜しい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/08 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/01 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/07 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る