サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

耳そぎ饅頭
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1202-2
  • 国内送料無料

紙の本

耳そぎ饅頭

著者 町田 康 (著)

偏屈にだけはなりたくない、と頑張って生きてきた。気づくと、もはやどうにもならぬ偏屈の谷底にいた。今は、世の中の周縁部から舞い戻ったこの谷底で、偏屈もまた楽し、と呟いて薄く...

もっと見る

耳そぎ饅頭

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偏屈にだけはなりたくない、と頑張って生きてきた。気づくと、もはやどうにもならぬ偏屈の谷底にいた。今は、世の中の周縁部から舞い戻ったこの谷底で、偏屈もまた楽し、と呟いて薄く微笑んでいる。偏屈パンクの魂の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

町田 康

略歴
〈町田康〉1962年大阪府生まれ。パンク歌手、小説家。97年「くっすん大黒」でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞受賞。著書に「つるつるの壺」「俺、南進して。」、詩集「壊色」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

はきはきと大きな声で読め!

2000/09/01 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mau - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分のことを偏屈だ貧乏だと言っている人間に限って、実際は結構いい人だったりそれほど金に困ってなかったりするものだ。大体、CDはともかく小説ではそこそこ印税もらっているはずではないか。

 というわけで、この最新エッセイの内容そのものは自虐的すぎて展開も意外性に欠けるが、それゆえに筋立てを追う必要もなく、彼独特の文体の妙味にひたすら酔い痴れることが出来る。ハマルと、もう病みつき。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/4/9朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若手作家の最新エッセー集。この人のエッセーにしては珍しく共通テーマがある。いわば「偏屈からの脱出」。本業のパンクロックのCDを一枚でも多く売るために、家に引きこもっていた著者は、敢然と外に出る。カラオケに初挑戦し、ディズニーランドへ出かけ、果てはパリへ、ニューヨークへ「外遊」する。そこで体験する違和感の数々。もちろん、書き手が心底から性格や生活を変えたいと願っているかどうか、真意はわからない。本気か、口からでまかせか、そのあわいが「うくく」と作家が表現する、くぐもった読後の笑いをもたらす。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/04 03:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/14 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る