サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学
  4. 工学・工業
  5. 工業調査会
  6. 超LSIへの挑戦 日本半導体50年とともに歩む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

超LSIへの挑戦 日本半導体50年とともに歩む
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 工業調査会
  • サイズ:20cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7693-1181-8
  • 国内送料無料

紙の本

超LSIへの挑戦 日本半導体50年とともに歩む

著者 垂井 康夫 (著)

超LSI共同研究所の所長として、日本半導体産業のリーダー役を務めてきた足跡に、企業経営・研究開発・技術開発の未来を学ぶ。97年から99年にかけて『半導体産業新聞』に連載さ...

もっと見る

超LSIへの挑戦 日本半導体50年とともに歩む

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

超LSI共同研究所の所長として、日本半導体産業のリーダー役を務めてきた足跡に、企業経営・研究開発・技術開発の未来を学ぶ。97年から99年にかけて『半導体産業新聞』に連載されたものを、加筆・修正のうえまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者はLSIの分野で,常に日本のリーダー役として活躍してきた。この本はこの研究者の辿った開発物語

2000/10/05 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:相良 岩男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 トランジスタが日本に初めて伝えられたのは,戦後間もない1945年のことだった。そのころ,まだ著者は大学生だった。その魅力に取り付かれた著者は電気試験所に入所し,直ちにトランジスタ開発に取り組み,この分野で頭角を現し始めた。
 この本の中に登場する鳩山さん,菊池さんなど良き先輩に恵まれたこともあって,ここから新しいひらめきが芽生えてきたという。ここから実に多くの世界的な論文が発表されている。
 この中で特筆すべき事は,著者がIC(Integrated Circuit)を日本で発明した学者であったということである。多くの人は米TI社やフェアチャイルド社と思っているが,何とTI社より2年も早く発表していたのである。だが,特許の請求範囲が------。
 その後,著者はIBMフュ-チャシステム計画で揺れ動く日本半導体を危機から救うために超LSI共同研究所の所長として活躍し,多くの成果を収めた。これらの業績は大きく評価され,紫綬褒章を受賞している。
 ぜひ,半導体関係者のみならず,若き次世代を担うあらゆる階層の方々に,素晴らしい一人の学者の歩んできた半導体開発の道のりを読んでいただきたい。きっと,まもなく迎える21世紀情報化社会の中で,参考となることだろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子工学・半導体 ランキング

電子工学・半導体のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む