サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. NTT出版の通販
  6. 高齢・少子化社会の家族と経済 自立社会日本のシナリオの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

高齢・少子化社会の家族と経済 自立社会日本のシナリオ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:20cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-2032-X
  • 国内送料無料

紙の本

高齢・少子化社会の家族と経済 自立社会日本のシナリオ

著者 島田 晴雄 (編著),フジタ未来経営研究所 (編)

高齢・少子化社会の経済構造を多角的に分析。企業家は皆が働く社会を支える多様なサービスや商品を提供し、生活者はそれを活用していく、自立した豊かな社会への展望を描く。【「TR...

もっと見る

高齢・少子化社会の家族と経済 自立社会日本のシナリオ

2,700(税込)

ポイント :25pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高齢・少子化社会の経済構造を多角的に分析。企業家は皆が働く社会を支える多様なサービスや商品を提供し、生活者はそれを活用していく、自立した豊かな社会への展望を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

自立社会日本のシナリオ 島田晴雄 著 3-64
二一世紀の家族像 岸智子 著 65-78
少子化の経済分析 筒井晶子 著 79-90

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日経ビジネス2000/11/6

2000/11/10 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高原 慶一朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タレント、笑福亭鶴瓶さんの「鶴瓶の家族に乾杯」という人気テレビ番組がある。鶴瓶さんがゲストとぶっつけ本番で日本各地の家族を訪問し、そこで繰り広げられる人情味溢れるふれあいが好評である。
 主役は、何といってもお年寄りと子供である。“名優の演技も子供と動物には勝てない”と、映画の世界では言われるが、朗らかなお年寄りが、純粋で元気な子供に囲まれている様子は、それだけで絵になる。
 見ていて思うのは、高齢・少子化もむしろ少子化が問題なのであって「健全な高齢化」は歓迎すべきことではないかということである。長寿国ニッポンと言われて久しいが、お年寄りが元気で暮らせる国であり続けていれば誠にめでたい話である。
 本書では、直面した高齢・少子化社会で、人々がその生活を支えるために、どのような商品・サービスを望んでいるかに焦点を当てている。自立社会を促進する一助として、これからの生活直結産業がどのように展望されているのかが、例示されている。データも豊富なので、起業家の方がフィージビリティースタディー(事業化調査)をするにも役立つ。
 ビジネスチャンスの発見は、高齢・少子化のネガティブな面を是として発想しても失敗する。高齢化であれば、紋切り型の弱者救済型ビジネスから頭を切り替え、厚生省が提唱する「寝たきりゼロ」を推進するようなところにチャンスは生まれる。少子化であれば、少なくなった子供に贅沢をさせることを考えるより、子育ての楽しさが実感でき、子供は社会の宝だと再発見できるようリードするところに成功の糸口がある。
 介護保険施行時はもてはやされた介護ビジネスも現在は悪戦苦闘しているが、高潔な志を持ち続け政府も規制改革を継続すれば必ず活路は開けると確信している。
 また本書では触れられていないが、育児環境では、小児科医の減少が近い将来問題として顕在化するのではないか。石原慎太郎東京都知事の救急医療体制構想も、仏ほとけは作られて(都立病院の休日・夜間診療体制)あとは魂を入れる(人材育成と現場末端のレベルアップ)段階に進んできている。
 土日は当直で潰れて、平日の夜中も呼び出し、お正月もお盆もなし、という生活をしても、報酬面でさほど考慮されていないのが、小児科医、救急医、集中治療室医であると聞く。魅力のある仕事であるから、若い人たちがこれらの科を選択してくれる体制が整うと、数も増え良い方向に向かうだろう。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む