サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グローバル資本主義の物語 その発展と矛盾(NHKブックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • レーベル: NHKブックス
  • サイズ:19cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-14-001883-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

グローバル資本主義の物語 その発展と矛盾 (NHKブックス)

著者 倉田 稔 (著)

金融技術大国アメリカが牽引する現代のグローバル資本主義は、未来に自由で開かれた社会を招来するものなのか。資本主義の誕生と発展の歴史を辿りながら、現代世界の経済構造を明らか...

もっと見る

グローバル資本主義の物語 その発展と矛盾 (NHKブックス)

940(税込)

ポイント :8pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

グローバル資本主義の物語――その発展と矛盾

486 (税込)

グローバル資本主義の物語――その発展と矛盾

ポイント :4pt / 紙の本より454おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 498.3KB 無制限
Android XMDF 498.3KB 無制限
Win XMDF 497.3KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金融技術大国アメリカが牽引する現代のグローバル資本主義は、未来に自由で開かれた社会を招来するものなのか。資本主義の誕生と発展の歴史を辿りながら、現代世界の経済構造を明らかにし、その陥穽をうがつ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

倉田 稔

略歴
〈倉田稔〉1941年東京都生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本社会事業大学助教授を経て、現在、小樽商科大学商学部教授、同大学附属図書館館長。著書に「大塚金之助論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界は米国軸の国際金融資本支配のグローバル資本主義の時代。富と貧困を同時に蓄積する矛盾は抑制の必要が

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田 正光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 資本主義は永久に勝ったか? ベルリンの壁崩壊と東西冷戦終結の後,資本主義が拠って立つ市場原理は世界を席巻する勢いを見せた。昨今は旧社会主義陣営の元気のなさに比べて資本主義陣営,特に米国経済の元気のよさばかりが目立っている。それはまさに米国を中心とするグローバル(著者の表現によれば「世界的規模の」)資本主義の世界制覇を思わせる状況である。
 だが著者はグローバル資本主義の光と影,夢と現実に冷厳な分析の目を向ける。グローバル資本主義小史でもある本書の中で,その発展の跡をたどるとともに増大する矛盾も赤裸々に描いている。この批判的な姿勢には“米国の繁栄”に警鐘を鳴らし続けるJ・K・ガルブレイスらの姿勢にも相通じるものが感じられる。
 本書はまず序章で,グローバル資本主義を理論的に解明するため英国の進歩的自由主義派経済学者J・A・ホブソンの「帝国主義論」に注目する。ホブソンは「帝国主義は誰のためになるかと問えば端的な答は投資家だ。帝国主義とは私的利益の所有者,主として資本家達が国外で私的利得を得るために政府機構を利用することを意味する。英国の近代対外政策は有利な投資市場を目指しての闘争で,この結果世界最大の債権国にもなった」と説いた。著者は「イギリスからアメリカに代わったがホブソンの考えは今でも有効で,現在の世界経済を支配しているのはアメリカの投資・金融業者だ」と見ている。
 第一章は大航海時代から第二次世界大戦に至るグローバル資本主義の発展を,第二章は第二次世界大戦以降今日に至るグローバル資本主義の拡大を概観する。“遅れて来た”日本の資本主義が軍国主義化して惨たんたる敗北の日を迎えた経緯や,米軍占領下で行われた戦後改革が結果的に日本資本主義を蘇生させた事情なども簡潔に描かれる。ソ連型社会主義がなぜ倒れたかについては官僚制の硬直化,特権階級の存在,スターリン主義の抑圧と強制に対する民衆の反発などを指摘する。「倒れたのはマルクス流社会主義ではなく,ソ連に現存していた“社会主義”である」というのが著者の立場である。
 第三章(終章)は現代の肥大したグローバル資本主義が抱えている諸々の矛盾をあばき出す。南北問題は強者と弱者の経済格差が不等価交換貿易で拡大し,民意を無視した経済援助はしばしば現地の発展を妨げている場合がある。兵器産業や原子力産業の金もうけ主義が平和の維持を困難にしている。自由競争市場に任せていては社会福祉の充実はあり得ない。世界経済の半分は女性が支えているが市場は女性をタダで利用している。地球環境や人口爆発の問題も市場には任せておけない。グローバル資本主義は一方で富を,一方で貧困を蓄積させる。こうした矛盾のさらなる拡大を抑止するためには,社会主義政党の存在にも一定の意義を認めるべきではないかと著者は指摘している。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する