サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宇宙ロケットの世紀
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:22cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-6004-6
  • 国内送料無料

紙の本

宇宙ロケットの世紀

著者 野田 昌宏 (著)

SFから有人宇宙ステーションまで、波乱万丈の狭間で人間達が繰り広げた涙ぐましくも楽しい営み。20世紀最大の人類の夢を、ロケットを軸にして系統的に追う。【「TRC MARC...

もっと見る

宇宙ロケットの世紀

3,132(税込)

ポイント :29pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

SFから有人宇宙ステーションまで、波乱万丈の狭間で人間達が繰り広げた涙ぐましくも楽しい営み。20世紀最大の人類の夢を、ロケットを軸にして系統的に追う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

野田 昌宏

略歴
〈野田昌宏〉1933年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業。SF作家・翻訳家・研究家。日本テレワーク株式会社代表取締役社長。著書に「「科学小説」神髄」「銀河乞食軍団」ほかがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

20世紀最大の“夢の系譜”であるロケット開発史を,人間味あるエピソードを織り込みながらたどる

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡辺 保史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロケットが20世紀の科学技術の象徴であり,人類の宇宙進出は新しいフロンティアの開拓である——と多くの人々が素朴に信じていた時代は過ぎ去ってしまったとはいえ,宇宙ロケットはいまだに圧倒的な「夢」の源泉であり続けている。
 本書は,テレビ番組制作会社の代表にしてSF作家でもある著者がつづった,そんな20世紀最大の夢の系譜である。ツィオルコフスキーやゴダード,オーベルトといった先駆者たちに始まり,米ソのロケット開発競争,そして現在建設中の国際宇宙ステーションまでの歩みを丹念に追いながら,人間の想像力が技術と結びつくことによって新しいフロンティアへの手がかりをつかんでいく過程が,ディテール豊かに描かれている。
 単なる技術史ではなく,開発者たちの人間臭さを感じさせる逸話や,著者自身が取材の過程で体験したり実感したことが随所に織り込まれ,まったく飽きさせないのはSF作家の面目躍如といったところだ。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

機械・機械製品 ランキング

機械・機械製品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む