サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美食探偵
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210096-7
  • 国内送料無料

紙の本

美食探偵

著者 火坂 雅志 (著)

村井弦斎。明治時代を中心に活躍した小説家。代表作は、50万部をこえる空前のベストセラーとなった、本邦初の美食小説「食道楽」。美食家・村井弦斎を探偵とした連作ミステリー。【...

もっと見る

美食探偵

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

村井弦斎。明治時代を中心に活躍した小説家。代表作は、50万部をこえる空前のベストセラーとなった、本邦初の美食小説「食道楽」。美食家・村井弦斎を探偵とした連作ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

火坂 雅志

略歴
〈火坂雅志〉1956年新潟市生まれ。早稲田大学卒業。雑誌編集者を経て、「花月秘拳行」で作家デビュー。著書に「日本魔界紀行」「壮心の夢」「忠臣蔵心中」ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

村井弦斎知ってるかい。

2000/09/27 09:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あなたは知っているでしょうか。明治時代、良家の婦女子が必ず読んだというベストセラー「食道楽」の著者を。この物語で主人公であり探偵役をつとめる村井弦斎を。
 物語中では「食道楽」は未だ書かれる前ですが、すでにアメリカ滞在中におぼえた西洋料理の知識を披露し、ただ者ならぬ様子をしています。
 明治時代を背景にしたミステリー、レトロ情緒たっぷりのお味に仕上がっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/15 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/06 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/15 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/23 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る