サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済法 独占禁止法と競争政策 第3版(有斐閣アルマ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 有斐閣
  • レーベル: 有斐閣アルマ
  • サイズ:19cm/377p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-641-12088-4
  • 国内送料無料

紙の本

経済法 独占禁止法と競争政策 第3版 (有斐閣アルマ Specialized)

著者 岸井 大太郎 (ほか著)

独占禁止法の基本的な仕組みと内容を、正確に、わかりやすく説明したテキスト。適用除外規定を大幅に見直した平成11年独禁法改正や、競争政策についての解説を加えた、98年刊に次...

もっと見る

経済法 独占禁止法と競争政策 第3版 (有斐閣アルマ Specialized)

2,268(税込)

ポイント :21pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

独占禁止法の基本的な仕組みと内容を、正確に、わかりやすく説明したテキスト。適用除外規定を大幅に見直した平成11年独禁法改正や、競争政策についての解説を加えた、98年刊に次ぐ第3版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岸井 大太郎

略歴
〈岸井〉1953年生まれ。法政大学法学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

独禁法の内容と,独禁法と規制緩和や競争政策とのかかわりを平易に解説。最近の情勢に対応した第3版

2000/10/13 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:眞崎 昭彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近,ビジネスモデル特許やデジタル・コンテンツの保護など知的財産権に関する議論がかまびすしい。一方,金融ビッグバンによる金融自由化や航空業界の新規参入など,従来規制産業といわれていた分野にも規制緩和の波が押し寄せている。また,戦後の財閥解体以来原則禁止であった持株会社政策が緩和され,金融持株会社の設立やNTT分割に伴う持株会社設立など,市場競争のグローバル化に対抗するための企業再編手段として活用され始めている。
 IT革命や経済のグローバル化に伴い,日本の競争政策は大きな転換を迫られている。その意味で,わが国における「市場経済のルール・ブック」ともいえる独占禁止法が,今ほどクローズアップされたときはないといえる。本書は,この独禁法についてわかりやすく解説したテキストである。
 本書は初版(1996年)以来3年半たらずで実質2回の改訂を行っている。独禁法の改正や競争政策をめぐる社会経済環境が大きく変化した背景もあるが,著者らの,アップツーデートで充実した内容を維持したいという意欲を評価したい。
 本書の特長は独禁法の概説書にとどまらず,最近の経済情勢の変化と独禁法のかかわりについて,競争政策論に踏み込んで考察を行っている点である。
 本書では米国司法省によるマイクロソフト社訴訟の事例や並行輸入ブランド品問題など,一般のビジネスマンにもなじみ深い事例が取り上げられている。こうした事例をもとに,特定の製品やブランドが圧倒的シェアを獲得する,いわゆる「一人勝ち」現象を知的財産権保護や競争政策の観点からどう考えるかといったことにも触れており,ともすれば無味乾燥となりがちな法律書を身近で興味深い内容のものにすることに成功している。
 法律を学ぶ学生や法律実務家はもちろん,ビジネスマンにも広くお薦めしたい一冊である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む