サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

広海君のゲキリン(角川ルビー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

広海君のゲキリン (角川ルビー文庫)

著者 吉原 理恵子 (著)

広海君のゲキリン (角川ルビー文庫)

473(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

広海愛されすぎ

2018/08/13 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉原先生の比喩表現は独特です。超個性派揃いの兄と弟にはさまれ、なぜかいつも貧乏くじをひくハメになる茅野家次男の広海。学校でも地雷源として恐れられている広海が、堤と激突した「事件」は、さらに波絞を呼び起す。陽一と広海・大地と広海の中学時代が明らかに。中学時代の陽一は、誰が見ても分かるくらいに広海に対して超過保護だった。ピンクオーラダダ漏れ。そんな陽一に懐いている広海は子犬みたい。小林さえ入れない、二人だけの世界に入ってる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

朝イチの眼福

2016/08/27 15:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みかみか - この投稿者のレビュー一覧を見る

顔面衝突事件の後日談が主ですが、海外にいる広海くんの両親の事や三兄弟の中学時代のエピソードがあって面白かったです。
「朝イチの眼福」という陽一サマと広海くんのツーショットはイラストでも描かれています。
甘ったるい笑みを浮かべる陽一サマに一生懸命話しかけるワンコのような広海くんが可愛かったです。
他作品もそうだけど、吉原さんはやたらとあだ名を付けたがりますね。面白いけど(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

(良くも悪くも)キャラクターが命

2001/08/11 02:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miho_tokeshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在も続いているシリーズなのだが、これまで出た5冊ほどで過ぎた月日はほんの数週間もない(もしかしたらもっと短いかも)。主人公達の心理描写や過去の回想を中心に展開されるため、時間の経つのが異常に遅い。「何もそこまで書かなくても…」とか「今、一体いつの話なの?」と思うこともしばしば。

 それでも読んでしまうのは、ひとえに『キャラクターの魅力』。それに尽きる。それぞれ極端すぎるほどの個性をもったキャラ達が、怒ったり嘆いたり暴れたりしているだけで、なんとなく笑って楽しんでいる自分がいる。そんな彼らを愛しく思いさえする(中毒症状)。

 そういう意味では、とても面白く同時に恐ろしい作品ともいえる。好きな方は好き、嫌いな方はとことん嫌いな、好みの分かれる一作でしょう。
 ちなみに私は、結構、好きです…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

広海、ダブルチュー

2002/05/10 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

広海は階段から落っこちて、堤と顔面衝突。その際、キス(唇がぶつかっただけとも言う…)までしてしまった。堤が降ってきたのだが、原因は1年女子が、堤の背中を誤って押してしまったため。怪我してズタボロで帰宅した広海に、今度は長兄・陽一が消毒と言う名のキスをして…。

茅野3兄弟が、今回も強烈! 主人公広海は、気がついてないけど、もしかしてハーレム状態? 兄・陽一は広海を猫っかわいがり、弟・大地も実は広海激ラブ、オマケにどうやら親友・小林までも広海が好きな様子…?? 設定がオイシイので、そこが嬉しいところです。でも、ちょっと文章が回りくどくて、クセがあります。それにハマれば、ドンピシャ!ハマらないと、イマイチかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/08 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。