サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おいかけっこ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20×20cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-1659-5
  • フィルムコート不可
絵本

紙の本

おいかけっこ

著者 たにうち つねお (さく)

おはなしの終わりがまたはじまりになる、ぐるぐるまわりの絵本。本の真ん中に開けられた穴に赤いひもを通して結ぶと、ネコとトンボが追いかけっこする楽しいお話がはじまるよ。【「T...

もっと見る

おいかけっこ

1,404(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おはなしの終わりがまたはじまりになる、ぐるぐるまわりの絵本。本の真ん中に開けられた穴に赤いひもを通して結ぶと、ネコとトンボが追いかけっこする楽しいお話がはじまるよ。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

赤いヒモの妙技

2001/11/03 06:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本だけ、厚みがナナメになっているのが妙に気になって、手をのばしました。ナナメの原因は、「ヒモ」! 本のまんなかに穴があいていて、一本の赤いヒモが通してあるのです。
 おはなしは単純で、ねこがとんぼをおいかけていくだけなのですが、「ヒモ」の効果で立体感とスピード感がくわわり、とてもおもしろい! のです。紙とヒモがこすれあう音が緊張感を生み、次の展開への期待に胸がふくらみます。

 一本のヒモが、さまざまなものに形をかえていくさまは、おとなが見ても「へぇ〜」と感心するのではないでしょうか。紙質もカタク、丈夫なものですので、しかけ絵本としては かなり耐久性があると思います。
 たまには、こどものように夢中になって、「おいかけっこ」してみませんか……?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「わざあり!」のしかけ絵本。本にあけた穴に通された赤い組みひもが、トンボの体になったり、ねこの舌になったり…。造本装幀コンクールで都知事賞。

2001/10/24 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本をつくった谷内さんは、アメリカ滞在歴10年以上にのぼり、本のカバーやカード、ポスターのデザインを手がけてきたが、現在は彫刻家として活動。紙や鉄を素材としているらしい。
  数年前の一時期、赤ちゃんや幼い子どもの向けの本は、ねこも杓子も<しかけ>に走り、書店には「安っぽいなあ。いただけないなあ」という類いのものもあふれ返ったけれど、この絵本は、ユニークなしかけがあるからこそ価値のある絵本。彫塑を専門にする作家独特の、ものの形に対する感性の鋭さがぞんぶんに発揮されたつくりになっていると思う。
 実はこの本、しばらく前に、谷内さんの知り合いだという腕の確かなグラフィック・デザイナーにいただいたのだが、当時5歳だった息子には、その面白さがまだ十分にはわからなかったようだ。6歳を回って昨日の夜、これを見たいと取り出してきて、わっと声を上げながらページをめくっていた。造形の工夫の面白さをわかるには、やはり微妙な年齢差や個人差があるのだと思った。
 ほぼ正方形の本のどまんなかに、直径8ミリの穴があいている。そこに赤い組みひもが通されている。ページを開けると、そのひもが一文字にぴいんと張る。それが、洗濯ロープになったり、傘の柄になったり、釣り竿になったり、鉄棒になったりするのである。
 それだけなら<ワン・アイディア>で素人工作でも出てくるものかもしれないけれど、なかではちゃんとお話が展開していく。お昼寝していたねこのところに赤トンボが飛んでくる。起こされて「うるさーい!」と怒ったねこは、「つかまえちゃうぞ」と追いかけ始める。いろいろな場所、いろいろなポーズでトンボを追うねこの姿が躍動的で、構図が赤いひもに制約を受けていないところが見事だ。そして、ラストの見開き…終わり方のしゃれていること! 造形の工夫と、さりげないけれど子どもに身近なお話を、よくも見事に結合させたものだと感心してしまう。
 本体は、板紙を使用したいわゆるボード絵本で丈夫なつくりである。簡素なつくりではあるが保存にいいよう函もついている。
 図書館では、こわれやすそうな<しかけ絵本>は置かないと聞いたことがある。この本も、ひもをたんこぶ状に結んで止めるので、厚みが出てしまうこともあり、図書館では扱いにくいのか見かけない。絵がくっきりすっきりしているので、集団での読み聞かせには向いていると思う。プログラムの変化をつけるのに1冊持っていると便利な本ではないかと思う。もちろん1対1で楽しむ時間にもお薦め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/08 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/19 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

しかけ絵本・とびだす絵本 ランキング

しかけ絵本・とびだす絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。