サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

視点
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 邑書林
  • サイズ:20cm/224p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89709-329-5
  • 国内送料無料

紙の本

視点 (季刊文科叢書)

著者 松本 道介 (著)

西洋に「個人」の確立はあったのか? 日本の知識人はなぜかくも純情に近代ヒューマニズムを信じていられるのか? 「第一人者」「斯界の権威」と呼ばれる人々に、素朴ながらも真向か...

もっと見る

視点 (季刊文科叢書)

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西洋に「個人」の確立はあったのか? 日本の知識人はなぜかくも純情に近代ヒューマニズムを信じていられるのか? 「第一人者」「斯界の権威」と呼ばれる人々に、素朴ながらも真向からの疑問をつきつける14篇のエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

クリティカルな「視点」があってこそ読書の世界は広がる。あなたは自分の好きな作家を批評する本を読んだことがありますか?

2000/08/17 19:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安藤哲也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本屋をやっているとこんな読者によく出くわす。「●▲さんの書いた本なら全部買う客」。小説ならまだしも、最近ひとりの“評論家”に傾倒する読者がやたら増えてきたと感じるのは僕だけか。例を挙げれば河合隼雄。彼がちょっとTVで喋ったりすると講談社+α文庫あたりの複数注文がよく入る。まあ売れれば書店は儲かるし、別に人様の嗜好に文句をつける気はないが、そんな“読書の仕方”はどうしたものかと思う。読書は両刃の剣。「信じ込んじゃアブナイよ」。そんな一声も掛けたくなるのだ。
 本書は文芸評論として『季刊文科』に掲載された論文集。河合を始め、辻邦生、柄谷行人、加藤典洋、福田和也、『日』の平野啓一郎など、メディアや一部の信奉者が作り出したその道の“権威”を俎上に載せ「日本の知識人はなぜかくも純情に近代ヒューマニズムを信じていられるのか?」と彼らに素朴な疑問をぶつける。それはスリリングな批評で、読者としてはこの後本書によってどんな議論が生まれるのか興味が湧く。また本屋として思うのは、一つの論調に流される風潮の昨今において、本書のような“ブレーキの効く本”の存在は貴重だということ。そして自戒も込めて、いま“読者”に問われるのは、マイ・フェイバリットな“権威的著者”をコキ下ろす本を受け入れる度量なのではないだろうか。(bk1コーディネーター) 
★関連書→『作家の値うち』福田和也著(飛鳥新社)、『乱読の極意』安原顯著(徳間書店) 。

※このレビューは『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)の「絶対読んでトクする20冊」に掲載されたものです)


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する