サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中核派民主派宣言 新左翼運動の再生
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 社会批評社
  • サイズ:19cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-916117-39-5
  • 国内送料無料

紙の本

中核派民主派宣言 新左翼運動の再生

著者 白井 朗 (著)

こんにち中核派は、あらゆる意味で末期症状にある。元最高幹部が歴史的に公正な総括をおこないつつ、思想的・組織的な変革的再生の途を提言。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

中核派民主派宣言 新左翼運動の再生

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

創設メンバーの恨み節爆発

2001/01/23 22:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばいきんまん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者白井朗は、新左翼セクトの一つ、革共同・中核派創設以来40年近く……要するに二十世紀が終わるころまで……幹部を務めていた人物である。
 一般に中核派というと、白ヘルメットにマスクで難しい左翼用語を連発し、革マルと内ゲバをしている連中と言った印象しかない。

 本の内容は、大きくわけて内ゲバに対する批判や組織内の末期的な状況の報告と、中核派の「革命的再生」のために現執行部の思想批判の二点になる。

 白ヘルマスクの裏に、こんなまっとうなことを考える古参幹部が、つい最近までいたというのは驚きである。が、追い出されてしまったことから、ついに執行部批判の本を出すことになった。そんな経過のせいか、全体にセクト機関誌的な文体で、こうした文章を読むのに慣れている人はともかく、普通の人は少しわかりにくい。

 本の後半半分は、現在の中核派の思想に関する批判が展開されている。「資本論」なんか読もうと思ったこともない私には何とも言えないが、白井氏が相当に左翼の歴史や理論について勉強されていることが伺える。中核派が反スターリンリズムを標榜するスターリニズムの党に堕したのは実際の中核派も見ればわかるし、組織の趨勢がトップの判断ミスによって助長された来たのも歴史を見れば明らかなことで、論旨は自然である。
 だが、今になってもなお、イデオロギー論争をしている場合ではないだろう。また大衆に対する認識の甘さは相変わらずだ。現執行部憎しの感情を押さえ、ほかに書くことがあるのではないか?

 これなら滅ぶのも無理はない……中核派に何の愛着も筆者にはないが、滅びゆく者の痛々しさを感じる本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

共産主義・マルクス主義 ランキング

共産主義・マルクス主義のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む