サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-57390-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)

著者 佐藤 勝彦 (監修)

「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)

555(税込)

「量子論」を楽しむ本

500 (税込)

「量子論」を楽しむ本

ポイント :4pt / 紙の本より55おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

文章はわかりやすいんんだけど

2016/05/28 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

理系の人でなくても読めるように、文章はすごくわかりやすいのですが、そもそも量子論自体が???ばかりの理論なので、どうしても理解できない部分が残ってします。それでも、難しい理屈などはわからないと割り切って読むと、なかなか面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学のワクワクが待っている

2001/02/25 17:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uch - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は“インフレーション宇宙論”の佐藤先生。“難しい内容を分かりやすく”とか、つまらない惹句は云いません。
 難しい話の展開はありませんが、学校で習った程度の知識がないとね。基礎知識があって、ついて来れる人には最高に面白いでしょう。
 新しい知識を得て自分の知識の地平線が広がっていく、あのワクワク感が味わえます。中学生の頃にアシモフの科学エッセイシリーズをワクワクしながら読んだ人には、絶対おすすめ。
 姉妹書の「『相対性理論』を楽しむ本」も今すぐ買わなきゃ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これ以上簡単にはならないのだろう

2009/11/22 17:29

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 言いたいことは分かるのだが、言われていることのイメージをつかめない。それでも、これ以上に分かりやすく量子論を紹介することはできないのだろうと感じられた。あるいは、イメージしようとしてはいけないのではないかということが感じられた。いままでに読んだ量子論入門書で最も丁寧にかつ分かりやすい本であった。
 
 なんとか、イメージしようと思ってしまうのが素人なのか。数式だけの世界なのだと割り切ってしまったほうが、理解できたことになるのかもしれない。でも、それでは分かった気になれないのはどうしてだろう。相対性理論の時間の壁と双璧のイメージのつかみにくさが立ちはだかる。
 
 ミクロの世界では観測という行為が対象に大きな影響を与えてしまうので、あるがままを観測することができないことは、よく理解できる。最も小さいもののは測定できないことは分かる。理論自体は比較的わかりやすいものだ(数式まで完全に理解するのは難しいとしても)。量子論や光に関する本を読むたびに、躓くのは「波の性質と、粒子の性質を合わせ持つ」という部分だ。そして、観測しようとすると「波が収縮する」というところである。
 
 例えば、コペンハーゲン解釈では、ダブルスリット実験を考えると、量子の波は少なくともスリットとスリットの距離以上に広がっていなければばらない。それほどにも広がった波の性質をもつものが、観測しようとした途端に波の幅より遥かに小さい粒子になるイメージがどうしてもつかめない。波が収縮するというが、収縮過程、復元過程はどうなっているのか。収縮する・復元するというのは言葉上のことで、収縮時にも波の性質は失われていないのか。などなど、素人疑問は尽きない。
 
 これは、多世界解釈であれば乗り越えられるというが、実証もできないが否定もできないという点から、怪しげである。パラレルワールドの考え方までは納得したとしても、異なる過去を持つ世界が再び重なり合って干渉を引き起こすというのは、信じ難い。結局、大統一場理論の完成を待たなければならないのだろう。
 
 高校生が読めば、高校数学で複素数や行列、三角関数を、物理で単振動を、化学で周期表を学ぶ意義が実感できるだろう。量子論はまだ解明されるべき余地が残されていて魅力的である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最高

2015/08/13 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honti - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐藤先生の本はわかりやすくて最高。いっきに読み終えてしまいまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/26 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/02 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/21 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/03 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/14 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/22 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/02 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/14 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む