サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学
  4. 建設・土木
  5. 建築技術
  6. ザ・ソイル 建築家のための土質と基礎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ザ・ソイル 建築家のための土質と基礎
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 建築技術
  • サイズ:21cm/157p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:4-7677-0089-2
  • 国内送料無料

紙の本

ザ・ソイル 建築家のための土質と基礎

著者 藤井 衛 (共著),若命 善雄 (共著),真島 正人 (共著)

一般の建築設計者や建築技術者、および構造系の学生に向けて、土質と設計の基礎に関する知識をイラストを多数用いて説明。理解を深めるための計算問題を付す。【「TRC MARC」...

もっと見る

ザ・ソイル 建築家のための土質と基礎

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一般の建築設計者や建築技術者、および構造系の学生に向けて、土質と設計の基礎に関する知識をイラストを多数用いて説明。理解を深めるための計算問題を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

土質と基礎に関する高度な内容を,簡潔な文と図と例題で解説した書。教科書副読本として最適

2000/10/13 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:堂内 祥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 海に浮かぶ海洋構造物は別として,地球上の構造物はすべて地盤の上に建つ。建っていられるのは,「地盤(土質)」が堅固であるか,あるいは「基礎」という部材を介在して地中深くの堅固な地盤に支持されているからである。一見当たり前のことであるが,重い構造物が沈むことなく,また傾くことなく,地盤の上に“正確に建ち続ける”ことを工学的に保証することはたいへん難しい。
 「磐石」という言葉があるように,地盤は堅固なものと思い込みがちである。が,地震で地盤が崩壊したり,液状化したり,大雨で地盤が流されたり,特に自然災害のときにその地盤のもろさに気が付く。災害が起こらなくても,いつの間にか建物が傾いたりする事故は後を絶たない。
 このような現象が起こるのも,建物が拠って立つ「地盤」そのものが一筋縄ではゆかない難物である,ということも原因の一つではあるが,地盤と基礎に関して誤った理解をして設計している場合も多い。かなり経験を積んだ専門家でも,地盤の表面を見るだけでは判断を誤る場合がある。地盤は奥が深い。
 この本は,地盤(土質)と構造物の基礎に関して,長い間研究と実務(コンサルタント,設計)に携わってきた専門家が,建築で必要な土質と基礎に関するかなり専門的かつ工学的に高度な知識を,長々とした説明文を避け,イラストや図を用いて非常に解りやすく簡潔に解説した本である。しかも,見開きで各項目が一目できる構成になっていて,手元に置いて手軽に利用できる。例題も工夫されている。土質と基礎に関する「用語」を理解するのにも便利である。
 建築を学ぶ学生はもちろん,建築デザイナー(意匠設計)にとっては基礎知識を得ることができ,構造設計者や建設工事などの実務に携わる人達にとっては,これまでの知識を再確認するのにたいへん便利な書である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/05 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

土木工学 ランキング

土木工学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む