サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

木戸のむこうに(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87728-862-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

木戸のむこうに (幻冬舎文庫)

著者 沢田 ふじ子 (著)

木戸のむこうに (幻冬舎文庫)

576(税込)

木戸のむこうに

546 (税込)

木戸のむこうに

ポイント :5pt / 紙の本より30おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

木戸のむこうに 7-46
雁の絵 47-84
二人雛 85-124

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

木戸の向こうにいる人は

2004/01/15 00:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作と「竹のしずく」では料理、「雁の絵」では表具師、「憲法の火」
では染め物屋と、多くの職人達が登場する本書だが、江戸時代の京都には、
武士と町人の他に、もう一人、ある種の人々が多く住んでいた。
貴族である。
この第三の男ならぬ、第三の存在・貴族がいた事で、
同じ江戸時代でも、京都を江戸とをずいぶん
と異なる雰囲気にしていた。彼等は、生活のテンポや考え方が、武家とも
町人とも、根本的に違っていた。

「まろ」「そち」などの御所言葉を使い、概ね手許不如意。
町人の売り物を「献上かたじけない」と受け取り、戸を閉める。
後に残されるのは、代金をもらいそこねて呆気に取られる
町人。著者の「公事宿事件書留帳」シリーズ「中秋十五夜」では、
悪の権威の印象が強かったのに、何ともおとぼけキャラである。
しかし、彼等だって生活がある。浮世離れは、してられない。
そこで、本編の「竹のしずく」では、町人と貴族が身分
の違いを乗り越えて手を携え、出入りの子供まで巻き込んで、
一つのもの-料理-を作り出そうと工夫を重ねる。
木戸ならぬ身分の垣根を乗り越えて手を携える彼等の様子を読んでいると、とても心暖まる。
まあ、「乗り越えて」と言っても、本編の主人公・藤原信賢の人柄から
すると、
「さあて、乗り越えた覚えはない。気がついたら、こっち側だったかな。」とでも言いそうだが。

でも一方で、なかなか乗り越えられない貴族もいる。
「病葉の笛」では、貴族である事を窮屈に思いながらも、
結局自分に取っての「売り」が、それしかないと諦める左内が、その人である。
高貴なる身分と、裏腹の現実。その格差の苦味を割り切って、別の暮らしを求めれば、ずんと気分は楽になる。けれど何か新しい事を始めようと、腹をくくれない。
狭間でぐずぐずしている左内に比べ、クライマックスに登場する
町人の娘・登世の、潔さが一層際立つ。
そこには、身分の差など存在しない。人格の差があるだけだ。
それは今も、変わらない事実。

遠く離れた時代に生きる人の姿を通じて、永久不変のメッセージを私達に届けて続ける氏の短編集は、好対照な生き方をする貴族を描いた二編他「雁の絵」「二人雛」「憲法の火」 「木戸のむこうに」「戦国地蔵」を収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/25 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る