サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クジラは食べていい!(宝島社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社新書
  • サイズ:18cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-1785-X
  • 国内送料無料
新書

紙の本

クジラは食べていい! (宝島社新書)

著者 小松 正之 (著)

クジラの過剰保護は、確実に海洋資源を崩壊させる。クジラは決して絶滅の危機に瀕してはいない。クジラ問題は、日本人の尊厳の問題である…。水産庁漁業交渉官が、クジラ利用の重要性...

もっと見る

クジラは食べていい! (宝島社新書)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クジラの過剰保護は、確実に海洋資源を崩壊させる。クジラは決して絶滅の危機に瀕してはいない。クジラ問題は、日本人の尊厳の問題である…。水産庁漁業交渉官が、クジラ利用の重要性を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/05/30 08:39

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
「捕鯨禁止」が生態系を破壊する!
水産庁漁業交渉官が語る「日本人がクジラを食べてもいいこれだけの理由」。

[ 目次 ]
序章 日本の市場から魚が消えてしまう!?(クジラ過剰保護が生んだ漁業者の嘆き)
第1章 食糧危機を救えるのはクジラだ(このままでは魚がいなくなる!? 「捕鯨禁止」が生態系を破壊する! ほか)
第2章 IWCに巣食う魔物たち(捕鯨を葬り去ろうとする反捕鯨国の数の暴力 科学的根拠をねじ曲げるIWC本会議の実態 ほか)
第3章 反捕鯨「環境団体」の正体(金集めのために宣伝行為をする反捕鯨環境団体 南氷洋調査を妨害するグリーンピースの卑怯なやりくち ほか)
第4章 捕鯨再開までのカウントダウン(京都会議合意からはじまる日本の捕鯨推進運動 IWC健全化は会議の透明化からはじまる ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2015/11/01 17:58

投稿元:ブクログ

初めて読破できた新書です。
中3の頃、ホームルーム枠で総合的な学習(過渡期でまだ総合的な学習枠の授業枠が無かったようです)で、
鯨類について調べていた時に、父から譲り受けて読み上げました。

2017/01/21 17:36

投稿元:ブクログ

ネタバレ 2000年刊。著者は水産庁職員(IWC国際捕鯨委員会担当?)。日本の水産庁側なので、反捕鯨団体、その圧力を受ける反捕鯨国家とその担当者、そしてそれらが多数派を占めるIWCの運営に対する恨みつらみが全編を通底する。その中で、①鯨は海洋における食物連鎖の上位に位置するので、鯨の頭数管理をしないまま放置すれば、他の海洋資源・海産物へ深刻な打撃を与える(現に与えている)。②鯨頭数は、種の如何はあるが、かなり回復し、種類によっては管理商業捕鯨をしても影響は小。③反捕鯨団体とその影響先は科学的根拠の欠いた主張を展開。
というもの。①の指摘は得心いくし、行動的環境団体の問題(資金獲得手段に反捕鯨を利用)は理解できる。ただ煽り気味の文体は気になる。しかも、翻って、ⅰ科学的根拠があるにもかかわらず、これを上手に世論にプレゼンできていないのは誰の責任か。ⅱ鮪のように、日本商社が条約非加盟国の籍の船を利用して、漁獲制限のすり抜けをする危険性に全く配慮がない(鮪の件は著者も指摘)、等の問題に触れないのも片手落ちか。この点を割り引いてみれば、新奇な情報が得られるかも。
鯨を「海のギャング」「海産物の呑み込むブラックホール」というような判りやすいキャンペーンを、特に米国世論にぶつけるくらいでないと…。あるいは鯨肉が非常に美味しく牛肉などを凌駕するというのも出来ませんかねぇ。正しいことを言っていればそれで足りるという著者の思い込みは、交渉ごととしては不十分といわざるを得ない。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む