サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳と生命と心
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 哲学書房
  • サイズ:22cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88679-071-2
  • 国内送料無料

紙の本

脳と生命と心 (養老孟司シンポジウム)

著者 養老 孟司 (編)

構造主義生物学と脳関係の専門家たちによる、特定の主題を置かずに行ったシンポジウムにおける講演と討議。たえず変化していくものとしての生物というシステムと、それ自体は変化しな...

もっと見る

脳と生命と心 (養老孟司シンポジウム)

3,780(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

構造主義生物学と脳関係の専門家たちによる、特定の主題を置かずに行ったシンポジウムにおける講演と討議。たえず変化していくものとしての生物というシステムと、それ自体は変化しない性質をもつ情報の関係をさぐる。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

世界観に開いた穴 養老孟司 著 3-13
クオリアと志向性 茂木健一郎 著 14-42
クオリアと記号の起源 郡司ペギオ幸夫 著 72-125

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

熟読玩味すべき書

2001/02/10 15:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 脳や生命や心をめぐる現象と認識について考えるとき、「from soup to nuts」という語句が威力を発揮するのではないかと思う。たとえば、茂木氏の志向性の概念を「from 〜 to 〜」と、クオリアを「〜」とそれぞれ対応させ、計見氏のいう肉体もしくは内臓(「こころ」とその枕詞である「むらぎも」の語源がともに内臓の意をもつことから)や団氏の「物質の雑音状態」等々を「soup」に、そして郡司氏、池田氏が論じている記号(郡司氏の場合はサインでなくシンボル)や団氏の「生命=安定状態」等々を「nuts」に関連させることで、本書全体のラフな見取図が描けそうだ。

 あるいは、質料から形相へ、可能態から現実態へ、普遍性から個別性へ──そしてギリシャ語の「ヒュポスタシス」(サブスタンスにつながる「実体」の意味とともに「固体と液体の中間のようなどろどろしたもの、濃いスープ」の意味をもつ)からラテン語の「ペルソナ」へ(坂口ふみ著『〈個〉の誕生』参照)──などと読み替え、これを、素粒子は豆を煮たスープのようなもので、それを観察すると煮る前の豆に戻る云々と天外伺朗氏が語っていたこと(茂木氏との共著『意識は科学で解き明かせるか』)と組み合わせることで、天外氏の比喩がもつ遡言的かつ反エントロピー的な含意も含めて、本書のもう一つのテーマである「物質の問題」(松野氏)を考える上で欠かせない視点が導かれる。

 さらにいうと、その経験の確立に時間を要し、つまり再現性が弱く、いいかえれば一回性や個人性の要素が強く、したがって同一性の特定が困難な触覚的知覚を「soup」に、本来触覚との協働を抜きにしては考えられないにもかかわらず、いったん成立すると身体性から抽象され、無時間性や再現性や反復可能性や公共性が強くなる傾向をもつ視覚的知覚を「nuts」にそれぞれ置き換えてみることで、分量・内容ともに本書の骨格をなす茂木氏と郡司氏の二つのセッションを架橋する軸をしつらえることができそうだし、本書のハイライトの一つである澤口氏と茂木氏の応酬がもつ意味を解き明かすヒントが得られそうに思う。もっとも、編者による簡潔にして要を得た総括が示されているのだから、これ以上、言葉遊びに類する駄弁を重ねるのは控えたい。

 それにしても養老氏の「まえがき」と「あとがき」は感動的なまでの刺激に満ちたもので、討議を終えて興味をもった根本的な問題として氏が綴る文章──「たえず変化していくものとしての生物というシステムと、それ自体は変化しないという性質を持つ情報とが、どのようにして関係しているか」──の含蓄を吟味し玩味するためにこそ、本書は熟読されるべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さまざまな専門的見地から生命や心を探る。構造主義や脳科学界などの諸氏によるシンポジウムの記録

2000/10/06 15:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は1999年11月に東京大学で行われた,第1回養老孟司シンポジウムの記録である。参加者は,池田清彦,郡司ペギオ幸夫,計見一雄,澤口俊之,団まりな,松野孝一郎,茂木健一郎,養老孟司という,構造主義や脳科学界などで名だたる各氏である。
 主催者の養老氏は,特に主題をおかずに「絶えず変化していくものとしての生物というシステムと,それ自体は変化しないという性質をもつ情報とがどのように関係しているか」を,生命,時間,記号,伝達などを軸に探り,またそれらを全体として意識しながら各専門的な議論をどこに位置づけるかを模索している。一見複雑な議論になるか物別れに終わりそうなものだが,互いの立場を尊重しながら本音でぶつかり合い,生命や脳へのアプローチに新たな発見を醸し出している。
 普段,脳科学や生命,進化などの研究発表で個別に感銘することはあっても,そこからさまざまな事象とともに全体的にとらえることがどれほどできただろうかと考えると,本書の意義深さが強く感じられる。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

脳科学 ランキング

脳科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む