サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. ダイヤモンド社の通販
  6. eエコノミー時代の経営戦略 顧客価値を高めるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

eエコノミー時代の経営戦略 顧客価値を高める
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-37292-6

紙の本

eエコノミー時代の経営戦略 顧客価値を高める

著者 松下 芳生 (著)

成功の鍵は常に顧客が握っている。eエコノミーの構造や、顧客価値経営への転換、主な業種における経営戦略と優先施策など、環境の変化に対応し、eエコノミー時代の覇者となるための...

もっと見る

eエコノミー時代の経営戦略 顧客価値を高める

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

成功の鍵は常に顧客が握っている。eエコノミーの構造や、顧客価値経営への転換、主な業種における経営戦略と優先施策など、環境の変化に対応し、eエコノミー時代の覇者となるための経営戦略を解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松下 芳生

略歴
〈松下芳生〉筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。建設関連企業勤務等を経て、現在、トーマツ・コンサルティングパートナー。著書に「戦略的ビジネス・システム構築への5ステップ」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/5/22

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 インターネットを活用したeビジネスによって自分が属する企業に新風を吹き込むにはどうすればよいか——。今、誰もが思いを巡らす問いに、コンサルティング会社の専門家が簡潔に答える。コンピューターネットワークの複雑な仕組みや専門用語の解説ではなく、eビジネスによって実現する新たなビジネス構造と企業戦略モデルを示すことで、入門者にわかりやすい手引書になっている。
 著者が最も重点を置いているのは、顧客価値モデルの変化である。従来の経営では「顧客」は顔のない集合名詞であったが、個々の顧客に関する情報を、低コストで収集・管理できるeビジネスでは、顧客は「企業利益」そのものを意味すると指摘。本書では「顧客価値」を試算するための因子「ライフタイム係数」(ある顧客が自社の顧客であり続ける予想期間に基づく係数)などを示し、新たな構造下での事業計画立案法を提示している。
 また、顧客獲得のカギは優良顧客の集合体「コミュニティー」の形成だという。そのためには個々の顧客に対する電話、インターネット、店舗などを利用した「接点」を掌握し、管理せよと説いている。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む