サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. 集英社の通販
  6. よみがえる高校 ツッパリが泣いた!落ちこぼれが笑った!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

よみがえる高校 ツッパリが泣いた!落ちこぼれが笑った!
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-781185-9
  • 国内送料無料

紙の本

よみがえる高校 ツッパリが泣いた!落ちこぼれが笑った!

著者 河野 啓 (著)

過疎化に悩む北海道の私立北星余市高校。生徒数600。その大半は全国からきた「問題をかかえた」生徒たち。この高校を12年間追い続けてきた北海道放送記者が「学校とは何か」を問...

もっと見る

よみがえる高校 ツッパリが泣いた!落ちこぼれが笑った!

1,620(税込)

ポイント :15pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

過疎化に悩む北海道の私立北星余市高校。生徒数600。その大半は全国からきた「問題をかかえた」生徒たち。この高校を12年間追い続けてきた北海道放送記者が「学校とは何か」を問いかける。『しゃりばり』連載をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

河野 啓

略歴
〈河野啓〉1963年愛媛県生まれ。北海道大学法学部卒業。北海道放送勤務。テレビの制作現場でドキュメンタリーやドラマ、情報番組などを手がける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「崩壊」から「蘇生」へ

2003/07/19 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みいしゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

北海道の北星余市高校の事を知ったのはテレビのドキュメンタリーだった。
元不良少年が母校の教師となり、生徒と格闘しながら卒業式を迎えるという番組だった。
そのドキュメンタリーのプロデューサーの12年間の記録である。

地元の要望で設立されながら過疎化から廃校の危機にあった北星余市高校は1988年・全国で始めて中退者の受け入れを決めた。

北海道放送では88年から北星余市高校を取材しつづけ、同校をテーマにしたドキュメンタリーを製作し続けている。

12年間の間に起こるさまざまな事件については本書を読む楽しみとして省くとして、面白いと思ったのは窮余の策として選んだ「全国から中退者」の受け入れだが、それが学校だけでなく地域にも莫大な経済効果をもたらした事である。
授業料・寮費・仕送りはもちろんの事として、卒業式や学校行事で家族が来る事なども合わせると6億から7億の経済効果があると町の商工会では計算している。
また「この学校で子供が元気になると親たちも余市が好きになってくれて、お歳暮に余市のリンゴを使う」などの波及効果まで入れると想像もつかない程の経済効果を人口2万5千人の町にもたらせた。
もちろん、これは余市の人達のたゆまぬ努力の賜物である。
学校でも家でも居場所が無く傷ついた心の少年達にはお金目当ての表面だけの態度はすぐに見破られてしまう。
学校と地域が力を合わせて「未来のある少年達に再出発をして欲しい」という気持ちから努力と研究を重ねた日本に一つしかない「特産品」なのである。


「学級崩壊」「学力低下」「校内暴力」など教育をとりまく環境は厳しい。
一度つまずいてしまった子供達を見捨てるのではなく、「蘇生」させる北星余市高校の教育にこれからも注目していきたいと思う。

ドキュメンタリーに登場した母校に帰った元不良少年義家先生の著書不良少年の夢も合わせて読むとより興味が深まると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む