サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やがて鐘が鳴る(新書館ディアプラス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52022-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やがて鐘が鳴る (新書館ディアプラス文庫)

著者 日夏 塔子 (著)

やがて鐘が鳴る (新書館ディアプラス文庫)

734(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「月」という小さなバーにいる

2002/07/25 15:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どものころにいなくなった弟の姿を雑踏の中で見たことがきっかけに物語ははじまります。すべての設定が魅力的で登場人物も魅惑的。謎がちょっとジレジレする感がありますが、それもこのお話の重要なポイント。ぶ厚い一冊ですが本当に面白いのでぜひ週末にでも読んでみてください、夢中になりますよ。石原理さんのイラストもゾクゾクするほど素敵です。番外編とか読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

血のつながりのややこしい兄弟を中心としたスリリングな人間関係

2002/06/26 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YOYO - この投稿者のレビュー一覧を見る

一のページから面白く、おしまいまで裏切られませんでした。わりと厚い本で、テーマも少し重いのですが、ぐいぐいと読ませます!!!
しかし、このお話に、このイラストはちょっと重くなりすぎかな…と思いましたが。

-あらすじ-
雑踏の中で、遼は一瞬、幼い頃いなくなった義弟・零の姿を見た。そして「月」という店でマスターのエースと暮らす零を探し出す。長男・湘吾のことは兄弟だと認めても、遼のことは頑に拒絶する零。想いを寄せる齢上の人、広顕との関係に揺れながらも、遼は零が気になり何度も「月」に通う。—何故自分には心を開いてくれないのか…。だがエースが倒れ、支えを失った零は、遼に身を委ねる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する