サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紫苑の園/香澄(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/493p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-404411-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

紫苑の園/香澄 (小学館文庫)

著者 松田 瓊子 (著)

紫苑の園/香澄 (小学館文庫)

792(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

より美しい生活のために。

2001/10/05 02:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々宝砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昭和初期のほんのわずかな一時期に、ごく小さな舞台でのみ活躍し、23歳で夭折した少女小説家松田瓊子(けいこ)。作家野村胡堂の息女。

 『紫苑の園/香澄』はその松田瓊子の代表作だ。ベタベタの少女小説で、舞台からして少女小説の定型どおりに寄宿舎、文体も情景描写もどこもかしこも甘やかで、どのページを繰っても薔薇と紅茶とお菓子の匂いがして、少女たちの嬌声がきこえる。中原淳一の絵がよく似合う。物語の背景にはキリスト教への憧れがある。そういうのが生理的にダメというヒトは、無理に読まなくってもいい。

 悪人は一人も出てこない。みなやさしくて個性豊かだ。少女たちは、面白いこと、馬鹿馬鹿しいけど楽しいこと、すてきなこと、美しいこと、愛らしいこと、そういうものやできごとを日常生活に探して、もし見つからなければ自分たちで造り出してゆく。朝な夕なに歌を歌い、夜毎に自分の大好きな物語について語り合い、レースを編み、花を育て、そうやって生活を美しくしてゆく。こういうのが本当の意味での「勤勉」なのではないか、と私はふとおもう。

 たとえば松田瓊子の『七つの蕾』という作品は、ただ単に美しい生活を描いただけの小説である。そのような小説は少女小説のひとつの定型だ。しかし『紫苑の園/香澄』は、それだけの小説ではない。プロテスタンティズムの薫り濃厚に、ひとりの少女の精神的な成長を描いている。良妻賢母的な成長ではない。そこにはひそやかな反逆を隠した意志的な力がある。だからこそ私は、このちいさな作品を愛惜してやまないのである。

 よりよい生活、愛ある家庭を目指して何が悪かろう。平和とやさしさと清純と奉仕の精神に憧れて何が悪かろう。崇高なものを求めて何が悪かろう。大きな声で「それは悪いことだ」と言う人はいないけれども、こういった美しく小さく柔らかな芽は、吉屋信子というわずかな例外を除き、とうとう花開くことがなかった。それは踏みにじられたのだとおもう。戦争へと流れていった時代ゆえに、また、いつの時代にも訳知り顔で囁かれる「偽善」という言葉ゆえに。

 私はこの小文を感傷的に書きすぎているかもしれぬ。しかしたまにはよいではないか、私とてかつてはこういうものに憧れる少女だったのである。それなのに私はほとんどこういうものに触れることができなかったのだ。セックス・バイオレンス小説だの、猟奇小説だの、純文学だの、そんなものならいくらでも読むことができたのに。松田瓊子の名前は私にとって本当に長いこと憧れだったけれど、実際に彼女の本を読んだのは、私がもう三十過ぎて結婚もして恋も憧れもどうでもよくなってしまってからのことだった。松田瓊子の本は瀟洒で高価な復刻の愛蔵版ばかりだったので、金のない田舎の少女には高嶺の花だったのである。

 しかし、今なら文庫で安く買える。必要なときに必要な本を読むことができる今時の若いヤツらは、つくづく幸せだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/24 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/24 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/31 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む