サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仮面の島(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182125-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

仮面の島 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

ヴェネツィアの小島に隠棲する未亡人に不吉な影が忍び寄る。亡き夫の息子が企てる島の売却、招待した女性ライターの失踪、未亡人に寄りそう女彫刻家にも暗い過去が。不穏な風は二つの...

もっと見る

仮面の島 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

1,069(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴェネツィアの小島に隠棲する未亡人に不吉な影が忍び寄る。亡き夫の息子が企てる島の売却、招待した女性ライターの失踪、未亡人に寄りそう女彫刻家にも暗い過去が。不穏な風は二つの殺人事件を呼び…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

篠田 真由美

略歴
〈篠田真由美〉1953年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。東洋文化専攻。作家。著書に「この貧しき地上に」「桜闇」「彼方より」「イシュタルの子」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

篠田さんのファンで、かつヴェネツィア好き、という人には食い足りないかも?

2003/08/19 01:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルテミス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 篠田さんのファンでヴェネツィア好きの私は、今度の建築探偵がヴェネツィアを舞台にしている、と知った瞬間に、深春や蒼があの迷宮のような街で、街と事件の両方に幻惑されていく話に違いない、と勝手に思い込んでしまった。が、深春はとっとといなくなってしまって、事前に想像していたようなシーンは蒼が仮面にマントの人物に後をつけられたところぐらい。
 まあ、読みもしないうちに想像が暴走してしまった私がいけないのだが、メインの事件がヴェネツィア本島ではなく架空の島で起こるので、せっかくヴェネツィアを舞台にしながら、街そのものが話題となるのはストーリーとは直接関係のないところでだけというのがちょっとさみしいのだ。
 もっとも、あのラグーナの茫漠とした風景、あれも確かにヴェネツィアであり、この巻の真の主人公というべき羚子の心象にはふさわしいものであると思う。今回のストーリーで、羚子の館をヴェネツィア本島に置いたら、物語が空回りしてしまうだろう。
 そういいながら、同じシリーズで同じ街を舞台にすることはないんだろうなーと思うと、やっぱりもったいないと思うのであった。
 ところで、この本を読んだ翌年にまたヴェネツィアへ行って、京介の昇ったコンタリーニの螺旋階段を昇り、神代さんの飲んだチョコラーテ・コン・パンナを飲み、深春と蒼が食べたクラブサンドを食べてくるあたり、私もミーハーだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

水の都の情景が美しい

2002/01/21 01:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

 桜井京介、ヴェネツィアへ…イタリアへ行きた〜い!!! 情景がものすごくキレイで篠田さんの本領発揮の1冊です。
 もう少し犯人たちの内面に踏み込んで欲しかったような気もしますが、充分と言えば充分。登場人物紹介で、京介が「30才、肩書き無しの建築史研究家」、深春が「30才、フリーター」になっているのが、笑えましたね(笑)。
 すごく私の友人関係の理想に近いフレーズがあったので、ちょっと引用します。
 「別に意見がいつも同じである必要はない。ただある程度興味が共通していて、ちゃんと話が出来てお互いに見つけたものを教えたり、教えられたりできる道連れ。そんな人がそばにいてくれたら、ひとりよりずっと楽しいだろう。」
 簡単なようだけど、適度な距離感をもった人間関係って難しいですよね…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/04 02:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/26 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/21 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/09 01:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/23 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む