サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フェルメールとその時代
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:32cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-90389-4
  • 国内送料無料

紙の本

フェルメールとその時代

著者 アーサー・K.ウィロックJr. (ほか著),成田 睦子 (訳)

日蘭交流400周年にあたる西暦2000年。その祝賀行事の頂点とも言うべき展覧会を記念して、ヨハネス・フェルメールの作品を中心に、17世紀オランダの豊かな生活と美術の特徴を...

もっと見る

フェルメールとその時代

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日蘭交流400周年にあたる西暦2000年。その祝賀行事の頂点とも言うべき展覧会を記念して、ヨハネス・フェルメールの作品を中心に、17世紀オランダの豊かな生活と美術の特徴を伝える名画の数々を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アーサー・K.ウィロックJr.

略歴
〈ウィロック〉著書に「フェルメール」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「天才をもって、その世界に視覚的な形を与え、人間存在の中に詩を見いだした」フェルメールの根源的な世界

2000/07/30 06:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメールの人気は、近年ますます高まるばかりである。ハーグなどでの「大フェルメール展」も世界中から観客を動員して大成功を収めたし、7月初めまで約3カ月間開催の大阪市立美術館の特別展「フェルメールとその時代」には、これまで不出のフェルメールの傑作5点がオランダなど3カ国から貸し出され、同時代のオランダのデルフト派の作品と共に披露されて58万人を超える観客を動員した。

 また、7月4日からは東京・国立西洋美術館での「レンブラント、フェルメールとその時代」展も開催中で、わずか1点ながらフェルメール作品の素晴らしさを味わえる。

 本書「フェルメールとその時代」は、5年前に開かれた「大フェルメール展」の企画者でもあり、このたびの大阪市立美術館での特別展の総監修者を務めたワシントン・ナショナルギャラリーのアーサー・K・ウイロック氏が中心になって執筆されている。

 ウイロック氏らは、「聖プラクセディス」「天秤を持つ女」「青いターバンの少女」などフェルメールの傑作5点を本書の中心に据え、フェルメールが生まれ生活し、絵を描き、そこで亡くなったデルフトの歴史も紹介しつつ、彼と同時代のピーテル・デ・ホーホ作「寝室」、ニコラス・マース「アヒルの羽をむしる女」など、デルフトを中心に活躍した同時代の画家たちの作品も多数収録し、フェルメールとの関わり合いなどにも触れている。

 デルフトは、オランダで発達した水路網の中心に位置したおかげで17世紀のオランダのなかでも特に栄え、その時以来、訪れる人々は、毛織物と製陶業で知られる、この清潔な町の美しい運河や広場、塔に夢中になってきた、という。デ・ホーホをはじめ、ここで紹介されているデルフト派の画家たちの作品には、「オランダ人が象徴的に魂の純粋さと結びつける清潔で秩序だった家庭の姿が示され」(ウイロック氏)、その優雅な絵画世界は、現代から見ると極めて魅力的である。

 フェルメールも表面的には、こうした調和と秩序に満ちた世界を絵画作品として定着させたのだが、「フェルメールは天才をもって、その世界に視覚的な形を与え、人間の存在の中の移り行く一瞬に詩を見いだして表現した」(同)。こうして、フェルメール作品は、人間存在の根源に迫るものとなった。

 プルーストと共にフェルメールの価値を早くから認めていたフランスの詩人ジャン・コクトーは「美しい絵画作品はどれもすべて抽象画だと言える。・・・フェルメールは、そうした美の不可視性の王者だ。・・・フェルメールの場合は、最高度の優美さのために目に見えない存在になってしまったのだ」と、抽象的な詩そのものとも言えるフェルメール絵画の底知れない魅力を語っている。

 本書は、フェルメール的な美の根源とは何かを、多くの関連資料からも考えさせてくれる懇切丁寧な構成となっている。 (bk1ブックナビゲーター:高橋洋一/評論家 2000.07.29)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む