サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓をもうひとつだけ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210048-7
  • 国内送料無料

紙の本

噓をもうひとつだけ (加賀恭一郎シリーズ)

著者 東野 圭吾 (著)

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落死。事件は自殺の方向に向かうが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに1人の刑事がやってきて…。噓にしばられ...

もっと見る

噓をもうひとつだけ (加賀恭一郎シリーズ)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落死。事件は自殺の方向に向かうが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに1人の刑事がやってきて…。噓にしばられる人間の悲哀を描いた標題作他4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

嘘をもうひとつだけ 5-46
冷たい灼熱 47-96
第二の希望 97-150

著者紹介

東野 圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業。85年「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞し、作家生活に入る。主な作品に「白夜行」「秘密」「探偵ガリレオ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すこしふしぎ

2002/07/18 13:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Xdriver - この投稿者のレビュー一覧を見る

 多様な作風で知られる作者ですが、今回は“嘘”をキーワードにした短編集です。一つの嘘がまた嘘を呼ぶ、そんな繰り返しの果てに犯罪を犯してしまった人々の悲しさが基本となっています。
 読後に残るのは、楽しかったという感想よりもむしろ違和感でした。日常と非日常の境、それはこんな嘘一つでしかないのでしょうか。ならば自分がここにいる日常などほんのわずかなことで吹き飛んでしまうのではないでしょうか? そんな不安感と日常への安心感、複数の感情が同時に吹き出してきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まるで恋愛小説みたいなタイトルだ

2002/05/24 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蛍  - この投稿者のレビュー一覧を見る

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに1人の刑事がやってきた。彼女に殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。

嘘が嘘を生み、結局は嘘に破滅する。切ないミステリです。
表題作の「嘘をもうひとつだけ」をはじめ、いろいろな「嘘」を加賀さんが見破っていきます。嘘をつく哀しさ、それを見抜いてしまった哀しさ、嘘を指摘しなければならない哀しさ…。でもやむにやまれぬ嘘ばかり。
表紙の感じとマッチしていてなかなかグとくる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に潜む悪意を描く傑作短編

2000/10/04 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひで - この投稿者のレビュー一覧を見る

 悪意は人の心の奥底に常に潜んでいる。普段それは目に付くことはなく、本人ですら気付くことはない。だが、ふとした瞬間、それは犯罪という実体となって現れる。そうなったとき、人にはそれを止める手だてはない。残された道は、それを人の目に付かぬよう隠しきるだけである。

 本作は、五本の短編をまとめた短編集である。「嘘をもうひとつだけ」ではマンションから転落死したプリマドンナの事件を、「冷たい灼熱」では、妻を強盗に殺され、子供を連れ去られた男の事件を扱う。また「第二の希望」では娘に体操選手の期待をかける母親の家で起こった殺人事件を、「狂った計算」では、夫を事故でなくした妻とその家を訪れ行方不明になった男の事件を「友の助言」でも運転中に眠ってしまい事故を起こした加賀の友人の事件を、それぞれ刑事、加賀恭一郎が調べるといった展開である。

 東野氏の作品には、ミステリの枠内でどう人間を描くかという試みがなされているように思われる。本作もまた、シリーズ探偵加賀恭一郎を登場させミステリ作品として仕上げながら、犯罪を犯す人間の心の内を描こうとしている。結末での逆転といったミステリの妙味そのものは残しながらも、登場人物を駒としてではなく心を持った人間として扱っている。だからこそ、短編でありながら読者は瞬時に登場人物に自分を投影することができる。

 人が犯した犯罪に、完璧という言葉はない。人が犯す犯罪である以、そこには何らかの痕跡が必ず残ってしまうのである。それは、人の心にある善が無意識のうちに罪を償おうとした結果なのかもしれない。読後に感じるやるせなさは、勝つことのできなかった善へのやるせなさななのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安全な犯罪小説

2004/07/04 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」。(1)嘘をもうひとつだけ(2)冷たい灼熱(3)第二の希望(4)狂った計算(5)友の助言、以上5篇が収録されている短編集です。「卒業」以後も大活躍の加賀恭一郎が犯罪の小さなほころびから推理力をご披露する短編集はご安心の一冊とでも云いましょうか…。と、まあ褒めているようで貶しているような言い回しですが、結構に捻ってあってダブルオチなどもあり十分楽しんでいただけます。迫力や緊迫感などには欠けますが謎、伏線、推理、とミステリーの常道を逃していませんね。

 いつも思う事ですが、短編ですから謎解きを主体にすると、どうしても登場人物の存在感までは描ききれない辺りに物足りなさが残ります。犯す犯罪に見合う人物像の台詞はどんな言い回しか、どんな行動を取るのか、何ページも費やせずに描き納得させて欲しいし、推理クイズに無理して肉付けしたような本格物には閉口させられる事が多いです。短編は長編を短くしたわけじゃないと思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/24 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/01 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/10 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/01 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/08 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/04 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/14 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/02 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/18 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/04 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/25 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る