サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まんがで読む・ひとびとの生と性 3
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:27cm/94p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-591-06360-7
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

まんがで読む・ひとびとの生と性 3 家族のカタチはいろいろ

著者 山本 直英 (著),高柳 美知子 (著),Canico (まんが)

「性」を身近に感じ、自分自身のたいせつなこととして受け止めることができるよう、「性」をめぐる様々なテーマを考える。3では結婚・非婚・離婚など、様々な家族のかたちから、人と...

もっと見る

まんがで読む・ひとびとの生と性 3 家族のカタチはいろいろ

2,592(税込)

ポイント :24pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「性」を身近に感じ、自分自身のたいせつなこととして受け止めることができるよう、「性」をめぐる様々なテーマを考える。3では結婚・非婚・離婚など、様々な家族のかたちから、人と人とが暮らすために大切なものを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山本 直英

略歴
〈山本〉1932年東京都生まれ。「人間と性」教育研究所所長。『性と生の教育』編集長。
〈高柳〉1931年生まれ。「人間と性」教育研究協議会代表幹事。東京総合教育センター教育相談員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

家族のカタチ、てんこ盛りです。でもマンガの絵がいまふたつです。

2002/07/13 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pin - この投稿者のレビュー一覧を見る

離婚家族は当たり前として、一人暮らし、単身者、同性愛のカップル、国際結婚の家族、ぼけ始めた老人のいる世帯、老人夫婦の世帯、障害者の一人暮らし、外国人の一人暮らし、と、よく集めたな、と言えるくらい、いろいろな家族のカタチのお話です。なんにしても、みんなが健康なのが一番だなあと思わせられます。こういった家族の方(全員じゃないですが)が集まる居酒屋が舞台のひとつですが、こんなに「みんなが自分をさらけ出す」居酒屋ってあるのかな。わたしも行きつけ、というか2週間に一度くらいの頻度で数年通っている居酒屋がありますが、そこの大将はわたしと連れの友人の顔は知っていますが名前も住まいも知らないですし。ましてやお客同士の会話はありません。「ある」ところもあるのかなあ。知らない世界であります。ストーリーはともかく、ちょっとまんがの絵をなんとかしてください。これプロのひとですか? 線がきれいじゃない(=きたない)ですよ。人物の衣服の描線がすっきりしてなくて、糸くずみたいな線が多くて。人物の顔も妙にあごの輪郭が鋭角で。今、気がついたのですが、巻末に「相談電話」の番号が書いてあります。水曜日のある時間帯だけですが。「どうぞ、親御さんも先生も、相談してください」とあります。著者のひと、えらいなあ。ひと助けの精神に富んでおられるようです。今でも通じるのかな。「耳が不自由でも、舞台から足で音を感じて、踊りを踊る」というのはすごいですね。感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む