サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境
  4. 環境
  5. 信山社サイテック
  6. 近自然工学 新しい川・道・まちづくり

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近自然工学 新しい川・道・まちづくり
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 信山社サイテック
  • サイズ:26cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7972-2550-5
  • 国内送料無料

紙の本

近自然工学 新しい川・道・まちづくり

著者 山脇 正俊 (著)

近自然工法アトバイザーとして国内外で活躍する著者が、近自然河川工法の本質である思想・理念・原則を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

近自然工学 新しい川・道・まちづくり

4,104(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

河川改修での近自然工法を概観し,スイスやドイツの先進的事例を紹介。河川を含む総合的計画のあり方を示す

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 河川を含め,道(モールなど),公園をはじめとする,各種社会資本整備,もしくは計画において,自然のよさを取り入れた近自然工法・多自然型工法が時流になっている。緑はヒートアイランド効果を抑制する働きがあり,このことは多くの研究事例から明らかである。同様に,河川も涼しさを演出し,気温上昇を抑える作用を有する。
 河川や緑は人々の心を和ませ,また,文化的側面も強く,屋形船から,夕涼み,川遊びに至るまで人々の生活に密着している。川や緑は人間にとってかけがえのないものであり,恩恵を被っている。こうした問題意識を前面に出した著作が公刊された。著者は水質汚濁,コンクリート護岸の河川に嘆息し,自然を生かした川づくりに携わるようになる。1970年代後半にチューリッヒに招請されたことがきっかけで,わが国に近自然工法を紹介する。  本書が類書と大きく異なる点は,通常は河川工学・生態学・砂防に特化しているのに対し,この著書ではこれらの解説に加え,近自然工法の理念や哲学,さらには環境教育の方向性について取り上げていることである。本文では思想,各組織(主体)の連携のあり方など,ソフト面にページを割き,工学・砂防に加え,社会科学的視点の重要性を随所で説く。
 本書では一貫して近自然工法の利点を述べているが,その前に,この工法を正しく理解するうえで,理念を把握し,エキスパートと常に議論するといった5カ条の項目を挙げる。本文は7部構成で,まず,理念が取り上げられる。ただ,抽象的記述は少なく,洪水対策,河川改修のあり方,親水性を高める施策など,設計・施工段階での具体的な方策が示される。続いて河川改修が扱われるが,ここでは土木工学,景観工学,生態学のアプローチで展開され,さらに環境アセスメント,設計事務所・建設業者の選択,契約といった実務的内容も含まれ,総合的な自然工学の姿を示す。以下,維持管理,歴史的遺産としての側面,災害時における近自然工法の優位性(兵庫県南部地震でのコンクリート護岸の被害例など)が述べられる。諸外国の事例も紹介され,大いに参考になる。一般市民をはじめ,専門家必備の書。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する