サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愉快な裁判官
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-01347-3
  • 国内送料無料

紙の本

愉快な裁判官

著者 寺西 和史 (著)

市民集会で発言したことが「積極的な政治運動」にあたるとして最高裁に懲戒処分を受けた現職裁判官が、裁判官になるまでの経緯やこれまで関わった事件、自らの懲戒処分などを振り返り...

もっと見る

愉快な裁判官

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

市民集会で発言したことが「積極的な政治運動」にあたるとして最高裁に懲戒処分を受けた現職裁判官が、裁判官になるまでの経緯やこれまで関わった事件、自らの懲戒処分などを振り返り、この国の司法の問題を追究する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

寺西 和史

略歴
〈寺西和史〉1964年兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業。現職裁判官。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

裁判官の現状をめぐる問題点をこれだけ面白くかつわかりやすく伝えられる才能は賞賛に値する。

2000/11/21 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:『月刊司法改革』 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京都出身。鋭い舌鋒で相手のミスは決して見逃さない。マジなのか後付の屁理屈なのか判断しかねる面白がり方(189頁)。ある種の大人気なさ。マニアックなファンの多い芸風は上岡龍太郎を思わせる。
 ともかく、裁判官の現状をめぐる問題点を印象的なフレーズを交えて、これだけ面白くかつわかりやすく伝えられる才能は賞賛に値する。
 「最高裁は公正らしさ論を持ち出すだけで、国民の公正らしい裁判を受ける権利を認めているわけではない」(251頁)、「裁判官がどういう考え方をしているか分からない方が安心だなどというのは、およそ民主主義社会の国民に相応しい態度とは思えない」(267頁)。
 いわくスタンドプレーが過ぎる、いわく本来味方にすべき者(最高裁少数意見や伊東判事)まで攻撃するといった声を受けても、彼の問題提起の刃にひるみは見えない。
 けれども果たして彼に「迷い」はないのだろうか。懲戒対象となった集会参加を前に揺れ動くようすなどからは、表に出さない彼の「悩み」がありそうにも思えるが、明晰な論理の裏から今ひとつ彼の肉声が伝わってこないのが残念である。
 124頁あたりは言わずもがなで、彼の尊敬するN判事(154頁)をもその刃で切りかねない。論理のさわやかさと裏腹に、読後には清涼感より「あーやっちゃった感」が漂う。あえて言おう。寺西君。「愉快がるにも限度あり」。(C)現代人文社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む