サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 日本経済新聞社の通販
  4. インターネット・バブル 来るべき反動にどう備えるかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インターネット・バブル 来るべき反動にどう備えるか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/385p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-14830-8

紙の本

インターネット・バブル 来るべき反動にどう備えるか

著者 アンソニー・B.パーキンス (著),マイケル・C.パーキンス (著),斎藤 精一郎 (監訳),吉川 明希 (訳)

インターネットは現実である。だが、株価は現実離れしている。過大評価された株式に支えられているインターネット銘柄黄金時代は、まもなく終わる可能性が高い。徹底的な取材をもとに...

もっと見る

インターネット・バブル 来るべき反動にどう備えるか

1,944(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

インターネットは現実である。だが、株価は現実離れしている。過大評価された株式に支えられているインターネット銘柄黄金時代は、まもなく終わる可能性が高い。徹底的な取材をもとにITベンチャーの光と闇を検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンソニー・B.パーキンス

略歴
〈アンソニー〉世界トップクラスのハイテクビジネス誌『レッド・ヘリング』とそのサイト「レッド・ヘリング・コム」の編集長。
〈マイケル〉『レッド・ヘリング』誌編集者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/5/22

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経コンピュータ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1999年11月に米国で出版され,インターネット関連企業の株に群がる米国の投資家に,警鐘を鳴らした話題の1冊。
 売り上げは急増しているが利益を上げていないベンチャ企業の経営者,IPO(新規公開)で得られる株式の公開益を狙ってベンチャ企業への出資をもくろむ投資銀行のキャピタリスト,株で財産を築くことを目指すデイ・トレーダ。著者はこうした人々への取材を通じて,“ネット株バブル”が生まれた経緯や,それがもたらしたひずみを冷静に分析している。
 今年3月以降,米ナスダック市場の平均株価は調整局面に入り,本書の指摘の“正しさ”を証明した。ネット株バブルの正体を知るために,ぜひ目を通してほしい本である。(高下)
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

徹底取材で裏付けられたゆがんだ構図

2000/07/09 03:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林佳代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨年後半、日本の株式市場ではIT(情報技術)銘柄がバブルの様相を見せたが、本書は“本家”と言える米国のインターネット・バブルの実態を詳細に描く。その主張は「ネット株のほとんどはバブル。投資家はすぐに売れ」というものだ。
 著者のパーキンス兄弟は、シリコンバレーで人気のハイテクビジネス誌「レッド・ヘリング」の編集長と編集者。マイクロソフトのビル・ゲイツ、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス、投資銀行家、インターネット業界アナリストなど100人以上への徹底した取材をもとに本書をまとめた。
 95年以降に勃興したインターネット産業の成り立ちを追うとともに、ネット企業が立ち上がり新規株式公開(IPO)に至る過程に関わるベンチャー・キャピタルや機関投資家の実態を明らかにする。読み進むうち、結局、ネット銘柄の高騰で巨額の利益を得るのはこうした“インサイダー”だけだというゆがんだ構図がわかり、著者の警告が決してセンセーショナルなものではないことを実感する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/18 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/08 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/30 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。