サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 双葉社の通販
  6. 時間をぜいたくに使う技術 知的浪費生活のすすめの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時間をぜいたくに使う技術 知的浪費生活のすすめ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-575-29088-2

紙の本

時間をぜいたくに使う技術 知的浪費生活のすすめ

著者 鷲田 小弥太 (著)

従来の時間論が急激に変化している。「節約」から「浪費」の時代へ。浪費を通じていらないものを削っていき、ベストなものを選び出すことで、身に合った時間を生きる。そんな人生の時...

もっと見る

時間をぜいたくに使う技術 知的浪費生活のすすめ

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

従来の時間論が急激に変化している。「節約」から「浪費」の時代へ。浪費を通じていらないものを削っていき、ベストなものを選び出すことで、身に合った時間を生きる。そんな人生の時間割設定のすすめ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鷲田 小弥太

略歴
〈鷲田小弥太〉1942年札幌市生まれ。大阪大学大学院博士課程修了。札幌大学教授。読書術・歴史など幅広いジャンルで執筆活動を行う。著書に「人生くねくね道の歩き方」「まだまだ役立つ思想入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

消費と浪費で効率よく!

2002/05/09 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡野義高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間の倹約ではなく、時間の浪費が、結局は効率につながっていく。
本書は、知的浪費生活のすすめ、だ。

ムリ・ムダ・ムラをなくす、エコロジカルでシンプルなライフスタイルがもてはやされる時代のようだ。
情報いかに捨てるか、というのも、流行のテーマだ。

しかし、著者は、ちょっと待って、と言うのである。

省エネよりは、エネルギー過剰でいこう。
仕事も消費である、浪費である、と思えるほど熱中しよう、と言うのである。

たしかに、能率よくやろう、というのは、理屈の上では正しいけれど、けっきょくは、時間と金と手間をケチろう、というみみっちい考えかたにいきついてしまう。
「効率」をうたったハウツー本を書いた人は多いけれど、そういう人にかぎって、あまりたいした本は書いていない、それほどリッパな仕事をしていない人が多いのと同じである。

本当は、どれだけ手間暇かけても、惜しくない「何か」を見つけて、思い切り没頭するのが、本当に効率の良い生き方なのかもしれない。
本書にかかれていることは、著者の経験則によって、書かれている。
多作で、ベストセラー・ロングセラーが数多くある著者だからこそ、説得力がある。
自分のまわりを見渡しても、効率うんぬんを持ちだす人ほど、それほどたいした仕事はしていないことに気づく(とくにパソコンにくわしい人間に多い)。
本書は、自分経験則によっても、間ちがってない。
とてもオススメだ、と断言できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/25 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む