サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カッパのぬけがら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 理論社
  • サイズ:21cm/94p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-652-00880-5

紙の本

カッパのぬけがら (おはなしパレード)

著者 なかがわ ちひろ (作)

ぬぎたてほやほやのぬけがらをきて、ゲンタはカッパになった。ふーん、なるほど、カッパってこんな生活してるんだ! カッパの国でくらすことになった少年ゲンタのひと夏を描く。【「...

もっと見る

カッパのぬけがら (おはなしパレード)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

なかがわちひろの本 8巻セット

  • 税込価格:10,58498pt
  • 発送可能日:購入できません

小学校教科書に出てくる読み物(低・中学年向) 8巻セット

  • 税込価格:10,75999pt
  • 発送可能日:購入できません

小学校教科書に出てくる読み物(低・中学年向) 8巻セット

  • 税込価格:10,75999pt
  • 発送可能日:購入できません

おはなしパレード特選集 13巻セット

  • 税込価格:15,444143pt
  • 発送可能日:購入できません

おはなしパレード傑作集 20巻セット

  • 税込価格:22,896212pt
  • 発送可能日:購入できません

おはなしパレード 20巻セット

  • 税込価格:22,819211pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぬぎたてほやほやのぬけがらをきて、ゲンタはカッパになった。ふーん、なるほど、カッパってこんな生活してるんだ! カッパの国でくらすことになった少年ゲンタのひと夏を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

なかがわ ちひろ

略歴
〈なかがわちひろ〉1958年生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。絵本作家、翻訳家として活躍。著書に「ぼくにはしっぽがあったらしい」「ことりだいすき」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

胸がキュッと切なくなる、可愛らしい物語

2018/09/13 13:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかがわちひろさんの絵が好きです。初めてなかがわさんの作品を読んだきっかけもイラストのか可愛らしさでした。(私が見知らぬ児童書を読むか読まないかを決める大きなポイントは、まず「絵」が好きか嫌いかなのだなあ^^;)

好きなイラストだからのっけから楽しく読みました。少年と河童のほのぼのとした交流ですが、リアリティも上手に織り交ぜていて、ラストも暗くならずに少しの可笑しみもありつつ、異世界ものの切なさをやさしく描き切っていて読後じんわりと胸が詰まりました。

ストーリーもイラストも楽しめる素敵な本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まぶしくてせつない夏

2001/05/31 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏の川底で、ゲンタは1匹のカッパにであいます。絶滅寸前、この世に残るは自分が最後のカッパだと泣くこのカッパのために、「何か出来る事はないか」とゲンタが聞くと、カッパはゲンタに自分の抜け殻をさしだしました。ぬけがらを着てカッパになったゲンタは、カッパの好物のきゅうりを食べ、カッパの得意な相撲をとり、暑い日は滝壷に飛び込み川くだりをし、思う存分夏を楽しみます。そして、夏の終わりの嵐の後、いろいろな物が川にながされてきました。車のタイヤ、自転車、バケツ、マンガなどなど。そしてエプロンをひろったゲンタは、あたたかいものが恋しくなりはじめます。

 お話の始めに、夏の川には冷たい水とあたたかな水とが混じっていること、そして光かがやく水の下には暗い水が隠れていることが書かれています。カッパの表情もくるくる変わって、明るくて楽しいお話。だけど、どこかせつなさが残る夏にぴったりの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カッパがいること、忘れないでね……

2000/08/18 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいかい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ここは、夏の川の中。ゲンタが水泳を禁止されている河原で魚釣りをしていたところ、誤って川に落ちてしまったのです。水草が体中にからみつき、ぐいぐいと川底へ引き込まれてしまいます。水草だと思ったのは、実はカッパの網でした。

 カッパはゲンタをつかまえて大喜び! ゲンタを怖がらせようとしますが、ゲンタはちっとも怖がりません。なぜって、カッパのことなんて何にも知らないのですから。一生懸命カッパのことを説明するうち、カッパはいいことを思いつきました。それは、自分が脱いだばかりのぬけがらをゲンタが着ること。そうすれば、ゲンタもカッパと同じように水の中で生活できるからです。こうしてカッパとゲンタの二人暮らしが始まりますが……。

 最初のページをめくった途端、自分もすうっと夏の川の中に引き込まれていくような感覚になります。息苦しいけれど、冷たくて気持ちいい。気が遠くなりそうな錯覚の中、カッパが登場。最初は強気のカッパも実はずっとひとりぼっちで寂しかったらしく、ゲンタと一緒の生活をはじめるととても生き生きとしています。楽しいけれど、ちょっとサビシイ。夏の終わりにはピッタリの読み物でした。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぬけがら

2017/05/31 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

カッパの抜け殻なんて、ものがあるんですね。てか、ありそう!なんか、夢があって、また、来年、そのあとは?と、想像できるのもいい。楽しく読み聞かせできました。子供の反応よかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰だって、カッパのぬけがらを着たい!

2001/09/27 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひこ・田中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏の日、ナマズの大王を釣ろうとしていたゲンタはカッパの網に捕まってしまう。やっと解放されたと思ったら、当のカッパは殿様と家来の一人芝居を始める。何故かというと、この川にはもうこのカッパしかいないわけ。
 それで、カッパはゲンタにカッパになれという。なれと言われても・・・。
 ところがカッパ、百年に一度脱皮するのだが、今年がちょうどその年で、ぬけがらがあると言う。それを着ればカッパになれる。
 さっそくカッパになったゲンタは夏休みをカッパとして楽しく過ごす。でも家に帰りたくなって、ぬけがらをお土産に家に帰る。また来年の夏、それを着て遊ぼうな。
 目覚めたゲンタに家の人が語るには、ゲンタはおぼれているところを助けてもらったとのこと。なんでも助けてくれた人は、小さい体に頭がハゲていたらしい。
 そして次の夏、再びぬけがらを持って・・・。
 小さな絵本ですが、カッパのキャラがちゃんと立っているのはさすが。いまどきカッパが出てくる意外性から、そのぬけがらまで発想を広げるのはすごいなー。
 笑って読み終えればいいのだけれど、子ども読者には、大きくなっていくということの意味がすっとわかると思うよ。
 そこがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/08/24 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/06 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/16 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/12 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む