サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代思想のパフォーマンス
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 松柏社
  • サイズ:22cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88198-932-4
  • 国内送料無料

紙の本

現代思想のパフォーマンス

著者 難波江 和英 (著),内田 樹 (著)

ソシュール、ロラン・バルト、フーコーなど、現代思想に貢献した6人の思想家を「案内編」「解説編」「実践編」に分けて紹介し、単なる概説に留まらず、現代思想をツールとして使いこ...

もっと見る

現代思想のパフォーマンス

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ソシュール、ロラン・バルト、フーコーなど、現代思想に貢献した6人の思想家を「案内編」「解説編」「実践編」に分けて紹介し、単なる概説に留まらず、現代思想をツールとして使いこなす技法を実演(パフォーマンス)する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

難波江 和英

略歴
〈難波江〉1953年生まれ。神戸女学院大学文学部助教授。英米文学・批評理論専攻。
〈内田〉1950年生まれ。神戸女学院大学文学部教授。フランス現代思想専攻。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『サルにも分かる現代思想』??

2002/05/17 15:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホセ・マッチョス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の一人である内田樹は、難解な思想書と格闘している大学生をみかねて、彼らにもわかる現代思想の解説本を書こうと思った、と「あとがき」に書いている。それは著者自身が、同じような悪戦苦闘をしてきたことからくる仇討ちの意味もあったようだ。彼ひとりに書名を任せていたら、『サルにも分かる現代思想』となっていた恐れがあるようだが、つまりはそういうことをこの本は目指している。さらに、分解された思想の瑣末な部品を「ああでもないこうでもない」と議論することよりも、その思想を乗りこなして「道具」として活用することを目的としている、とも書かれている。
 たしかに、膨大な思想の集積の要所を抜粋することにより、見通しはよくなってはいるとは思う。それでも、もう少しわかりやすい文体で書けたのではないか、という気もする。少なくとも(今どきの)大学生には、まだ難しく感じられるのではないだろうか。「自称わかりやすい解説本を前にして大学生らが悪戦苦闘…」という、目を背けたい情景が目に浮かばないでもない。
 ソシュール、バルト、フーコー、レヴィ=ストロース、ラカン、サイードがそれぞれ、案内編(略歴や位置づけ)と解説編(具体的な著書の解説)、および実践編にわけて解説されているが、「道具」としての切れ味が試される実践編は、文学や映画や演劇からの作品が選ばれている。この部分もかなりややこしい。材料の方は読者がすでに鑑賞済みであることが求められていて、私は結局、途中から実践編を抜かして読むことになってしまった。うろ覚えの『カッコーの巣の上を』などをもう一度見終えてから、再び本書に取り組みたいと思う。そういう意味では、この本はなかなか奥が深く、手強いのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/20 02:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む