サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新生の街(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-15304-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新生の街 (創元推理文庫)

著者 S.J.ローザン (著),直良 和美 (訳)

新生の街 (創元推理文庫)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

待望のリディア復帰

2001/10/29 16:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すか  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一作品ごとにリディアとビルで主人公が入れ代わる作品の3作目。女探偵のリディア主人公の作品です。女性ゆえに危ない仕事だと世話を焼かれがちですが、アメリカの女探偵みたくきりきりせずにしなやかにものごとをすり抜けていく彼女はとっても魅力的。ビルとの息のあったコンビも最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ3作目

2005/04/15 08:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国系の女性リディア・チンと白人男性ビル・スミスのシリーズ3作目。
ファッションデザイナーの盗難事件を引き受けたものの、それをネタに強請られ、お金を巻き上げられてしまうリィデア。口うるさい母親や、いつまでたっても子供扱いする兄の心配をよそに、汚名返上・名誉挽回とばかりにファッション業界を探りまわるリディアの姿が健気でかわいくてよい。勝気なリディアを心配しながらも、一人前のプロとして扱い、決めるところはビシッと決めるビルも存在感を出している。
二人は共に私立探偵、別々に事務所を構えているが、人手が足りないときには協力し合っているという間柄。なのだが、お互いに憎からず思っている。しかし、なかなか発展しない。まだ親密とまではいかないが、とても仲のよい頼りになる仕事仲間といった感じ。
このシリーズ、リディアとビルが一作ごとに交互に語り手になるため、お互いをどう思っているのかがわかります。今回はリディアが語り手、探偵としてのプライド、自分の生まれ、アジア的な家族・親戚つきあいなどのため、ビルに対して今ひとつ消極的。今後、二人のお互いを思う気持ちがどう変わっていくのか、二人の関係がどうなっていくのかも、シリーズを通して読む楽しみの一つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/08 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/08 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/18 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む