サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/10,281,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-15346-6
  • 国内送料無料

紙の本

ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定

著者 檜垣 立哉 (著)

絶えず変化し、新たな質を生み続ける実在、それをありのままに記述しようとするベルクソンの哲学。ジル・ドゥルーズの読解に即し、整理することで、生成のリアリティーを巡るベルクソ...

もっと見る

ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定

3,456(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絶えず変化し、新たな質を生み続ける実在、それをありのままに記述しようとするベルクソンの哲学。ジル・ドゥルーズの読解に即し、整理することで、生成のリアリティーを巡るベルクソンの思考の原理を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

檜垣 立哉

略歴
〈檜垣立哉〉1964年埼玉県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、大阪大学大学院人間科学研究科助教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

実在を思考する鍛錬

2004/10/09 13:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:碑文谷 次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「読解の斬新さが際立つ」ドゥルーズの読み方に沿って、ベルクソンを解読する試みの書である。
著者は、「シリーズ・哲学のエッセンス」(NHK出版)で「ドゥルーズ」を担当し、差異や多様性を肯定するこの哲学者の思想を、植物か動物か定かでなく、さまざまなかたちをとるタマホコリカビを引き合いに出して、「自己と他者という区分」に疑問符をなげかけ、「あるべき個体」などない、そしてタマホコリカビと同じ生命体である人間にとっても、あるべき自己・主体性・個性などあるのだろうか、という簡明なエッセンスに凝縮して見せたことがある。

ただし、本著はベルクソンの平明な要約本ではない。ベルクソンを平易に語ることなど意味が無いしそもそも不可能ということであろうか。
したがって読者は辛抱強く著者と共に思考するほかない。例えば、「ベルクソンは、実は現在は存在しないというのである。身体の現実的な運動とその有用的な認識を存在の範型と考えることは、現在を特権視することからくる偏見にすぎない。持続の流れを実在と考えるならば、現在は存在するとはいえないのである」という一文を何度も反芻して少しずつ山を上る努力を継続する以外に、ベルクソンには到達できないようである。

岩波的哲学専門用語もないが(ただし、例えば「機制」という用語は「しくみ」くらいでよいと思うのだが)、流し読みの出来る本ではないことをまず覚悟しておかねばならない。もし初めてベルクソンに挑戦するなら、先の「シリーズ・哲学のエッセンス」の「ベルクソン」(金森 修)でエッセンスをつかむことをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/20 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む