サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アブストラクトなゆーわく
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:18cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1167-0
  • 国内送料無料

紙の本

アブストラクトなゆーわく

著者 阿部 和重 (著)

ディカプリオからドラえホンまで縦横無尽に書き綴った、阿部和重初の私生活エッセイ。『anan』の連載をまとめたもの。「占い」に関する書き下ろし3篇も収録。【「TRC MAR...

もっと見る

アブストラクトなゆーわく

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ディカプリオからドラえホンまで縦横無尽に書き綴った、阿部和重初の私生活エッセイ。『anan』の連載をまとめたもの。「占い」に関する書き下ろし3篇も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

阿部 和重

略歴
〈阿部和重〉1968年山形県生まれ。日本映画学校映像科・映画演出コース卒業。94年「アメリカの夜」で群像新人文学賞受賞。他の作品に「ABC戦争」「インディヴィジュアル・プロジェクション」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アブストラクトなゆーわく

2002/04/06 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜二 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 阿部和重さんのエッセイ集。阿部さんらしい、知的でどこかしらクールな文体で幅広い時事を扱っている。視点が阿部さんらしくて、物事を見るときの自分の考え方を変えるのに役にたった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紅白に出たい、阿部和重さん

2004/07/04 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もくりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 はたして、「anan」の読者と阿部和重さんの読者は一致するのでしょうか?
 
 阿部さんの小説には、ストーカーの家庭教師やスカトロ大好きロリコン警察官などが登場します。「anan」の読者、つまり「20代から30代」までの女性が追い求める「キムタク」的な人間とはまったく逆ベクトルな登場人物たちです。彼女たちの日常生活において、このような人間達と遭遇してしまったら、彼女たちは目を背けるであろうし、あるいは罵詈雑言、または無視といった態度を取るかもしれない。そういった意味で阿部さんの小説は、若い女性が好き好んで読むものではない。
 しかし、このエッセイは「anan」に連載されたらしい。
 しかも、一年も続いたらしい。
 不思議だ。
 書かれているエッセイもどーでもいい内容で、例えば、芥川賞に何回も候補されているにもかかわらず、賞が貰えないことから「小泉今日子文学賞」の設立を目論んだり(なぜ、小泉今日子なのか? その理由は書かれていない)、「小泉今日子文学賞」を設立しても受賞できなくては意味がない、と考えて芥川賞=紅白という図式を捻りだし、作家から歌手(ミュージシャンから作家になった、辻仁成の逆バージョン)になって紅白出場を目指したりする。
 つまり妄想だ。しかし、阿部さんの書く妄想は、どこか冷たい。醒めている。書かれている内容の馬鹿さ加減とのギャップ、温度差が楽しい。
 その温度差は、筆者の書く文章、つまり、強固な客観視=第三者=覗き見趣味からくるものだと思う。
 もしかしたら、覗き見趣味=ワイドショー的な文章に、おばさん予備軍である、若い「anan」女性読者が惹き付けられたのかも知れない。
 ちなみに阿部さんは現在、「EYESCREAM」という雑誌でエッセイを連載している。陰謀論や輸入盤CD規制問題などを相変わらずの「阿部節」で論じている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/5/21朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若手作家の初エッセー集。やや硬く、思弁的な語り口に特徴のある著者だが、女性誌の連載が意外にはまっている。得意の映画については抑え気味。テレビドラマや占い、ドラえもん、果たせぬ自身の歌手デビューについて……。「何となく惹かれるもの/こと」を書いたというのだが、読者との距離が微妙にずれているところに味わいがある。「紋切り型の演出を試みる際には、いまでは相当の覚悟が必要とされるというわけです」。小説のプロットと同様、読者の関心を巧みに誘いつつ、考え抜かれた構成で「紋切り型」からの脱出に成功している。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/21 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る