サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

進化と人間行動
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:21cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-13-012032-8
  • 国内送料無料

紙の本

進化と人間行動

著者 長谷川 寿一 (著),長谷川 真理子 (著)

ヒトが生物界の一員であり、われわれもまた進化の産物であるという基本的な前提から出発すると、人間の行動や心理はどのように理解できるだろうか。人間とは何かという永遠の問いにダ...

もっと見る

進化と人間行動

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒトが生物界の一員であり、われわれもまた進化の産物であるという基本的な前提から出発すると、人間の行動や心理はどのように理解できるだろうか。人間とは何かという永遠の問いにダーウィンの「知」で挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 寿一

略歴
〈寿一〉1952年神奈川県生まれ。東京大学総合文化研究科(教養学部)教授。文学博士。
〈真理子〉1952年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部教授。理学博士。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

進化についての秀逸なテキスト

2001/03/15 10:46

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだまさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東大教養学部・総合科目「適応行動論」の教科書である本書。語り口も優しく、わかりやすい本です。キーワードは「適応」と「進化」。進化とは遺伝子を単位とした自然淘汰の結果であり、自然淘汰がおこる過程で適応という概念が組み込まれ、説明されていきます。

 前半は進化・遺伝・適応という概念の整理となっています。「種の保存」という時代遅れの考えをもっていたり、「利己的遺伝子」という意味を取り違えている人に是非読んで欲しい箇所です。

 後半は血縁淘汰・包括適応度・社会的ジレンマゲーム・性淘汰などの最近の進化生物学の成果が詰まっています。「女児殺し」などの進化論的説明、社会的認知モジュールなどの話はとても興味深いものです。

 本書を通読した上で私にとって気になったのは、この本は生物に対してのみ考察をしており、無生物の進化について何も記述がない、という点です。「利己的な遺伝子」の著者であるドーキンスは、生物以外にも文化因子(ミーム)などに進化論は適用できると記述しています。このあたりのことを著者がどう思っておられるのか、非常に気になりました。

 また本書は、(というより進化生物学は)社会システムを説明するものであって、それを批判検討するような意味合いは一切もっていません(とご本人が仰ってました)。知識の取扱には注意しましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残念ながら進化についての良書である

2001/10/17 01:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Smamezou - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル「進化と人間行動」は(進化生物学者のはしくれである評者にとっては)極めて刺激的なものであった。「長谷川真理子さんがとうとう書いてくれた」と思った。

しかし、後半こそは「進化理論をベースにしたヒトの行動的・心理的反応の研究に関するレビュー」という期待したものであるが、前半は進化理論に関する(おそらく一般の人にも大変わかりやすい)解説という色合いが濃い。つまりタイトルは正しかったわけだ。

大学の教養部で使う教科書という性質上仕方のないことかもしれないが、この点は逆に進化理論に初めてふれる人には大変心強いものであるはずだ。進化生物学者自身から語られる「わかりやすい進化理論の解説」として他に類を見ないほどであるからだ。

進化生物学の研究者でない人(それ以外の生物学者を含めて)と接するたび、いかに進化理論が正しく理解されていないか痛感することが多い。「進化」「適応」を口にする前に是非本書を一読することを強くお薦めする。

最後に蛇足ながら書くと、本書は巷にあふれる「トンデモ本」の類では決してない。人によっては後半の「ヒトの話」は受け入れがたいかもしれないし、眉唾物だと思うかもしれない。しかし、(僕が見落としている部分はあるかもしれないが)理論的なこじつけなどではない。本書の主旨の一つである「人間らしさ」の追求は極めて慎重になされていると見て良いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく分かりやすい進化生物学の教科書

2002/12/08 22:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hokura - この投稿者のレビュー一覧を見る

文系の人間にも非常に分かりやすく、進化生物学の入門書としては最良の本だろう。本書の著者たちは、進化理論の最新の成果をもとに、人文・社会科学に対して人間観の転換を、控えめではあるが迫っている。実際、進化の基本理論を知らずに人間の行動や心理を解明するのは無謀だ、という著者たちの主張には、なかなかの説得力がある。文科系の学問を志す人たちにぜひ読んで欲しい1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代人に不可欠な進化の基礎知識

2000/07/09 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木クニエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 進化心理学または人間行動進化学は、とても若い研究分野である。この分野の日本人研究者の手になる、初心者向きのスタンダードとなるだろう教科書がやっとできた。だが、単に大学生の教科書としておくには惜しい。なんといっても読みやすい文章で、現代のヒトに不可欠な進化の基礎知識がつまっているのだ。
 人間行動進化学とは進化理論をヒトに応用し、人間の行動や心理を説明しようというもの。鍵は「適応」だ。このアプローチや進化の枠組みの捉え方は、現在でも議論がある。それでも前半の遺伝や進化についての説明は「これ以上はない」と思えるほど。進化を進歩と勘違いして「人は生物の頂点」と思い込むことのおかしさも、端的に指摘している。「本書の核」という後半の血縁淘汰や性淘汰は、正直なところ判断に悩む部分もある。殺人や結婚を論じるのは簡単ではない。が、研究の肝がコンパクトにまとめられていて、知的好奇心が否応なく刺激される1冊だ。

目次
・1章 人間の本性の探求
・2章 進化の概念
・3章 遺伝子と行動
・4章 「利己的遺伝子」と「種の保存」
・5章 ヒトの進化
・6章 血縁淘汰と家族の絆
・7章 血縁関係間の葛藤
・8章 協力行動の進化
・9章 雄と雌の葛藤 性淘汰の理論と証拠
・10章 ヒトの繁殖と配偶システム
・11章 ヒトの配偶者選択・配偶者防衛
・12章 再び遺伝と環境、学習、文化

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/29 13:11

投稿元:ブクログ

かなり教科書的な本。
でも、進化心理学に興味があればそんなに頑張らなくても楽しく読める。

<メモ>
・進化=集団中の遺伝子頻度が時間とともに変化すること
・自然淘汰=偶然にランダムに生じてくるさまざまな変異のうえに、生き残るための競争が働いた結果、より環境に適した形質が残され、そのような形質が集団中に広まるプロセス。
・自然淘汰に目的はない
・進化は進歩ではない

2017/03/26 17:13

投稿元:ブクログ

進化論とは果たして科学か、はたまた思想なのか?
進化論にまつわる大きな誤解。

①氏か育ちか。 -古くて新しい問題
・全てのヒトの心の働きのほとんどは、遺伝的に決まっており後天的な影響は非常に少ないと考える遺伝決定論。
身体的特徴が遺伝的であるのは、誰しも納得するところであるのに対して、知能に至っても同様であると発言したならば誰しもが不快に思うのは何故だろうか。
・進化が人間の行動を規定しているとすれば、我々の自由意志とは何であるのか?
・一方で、人のこころは何も書かれていない白板のようなものであり、そこに経験や分化が情報を書き込むことによってヒトの心ができあがる。ヒトは育て方次第でどうにでもなる(J・ロックによるダライ・ラサ)

<本書の理論>
・マーガレット・ミードのサモアの青春の嘘。
・氏か育ちかはゼロサムではない。
・カッコウの事例
 -託卵。誰にも教わっていないのに、他人の卵をけり落とす。
・ラットの迷路学習の事例
 -迷路を早く通り抜けられるラットのみを交配させたグループと遅いラットのみ交配させたグループでは大きな差が出る。
・行動を支配する遺伝子とは、タンパク質を生成するレシピのように考える。
・ドーキンスが喩えた料理のレシピ。レシピが遺伝子のようなもの。レシピの一言一句は、結果のどこに対応しているのかは明らかではないが、レシピが変われば、確かに結果も変わる。遺伝子が変われば、あるタンパク質の差異が生じる。
・戦略の最適化
・遺伝率は、その行動や気質に遺伝的変異がある場合、個人差がどこまで遺伝によって説明されるのかを示す指標ではあるが、その行動や形質自体の発生や発現がどれだけ強く以前に規定されているかに関する指標ではない。例えば、片手の指の数の遺伝率を考えた場合、5本指であることは遺伝とは関係なく、4本、6本にするような遺伝子はないので遺伝率はゼロ。

②自然淘汰の原則に従い、魅力が無い製品は淘汰されるだけ...、-進化と進歩の誤解
・会社がつぶれるのも、労働者が解雇されるのも飢え死にする人間がいるのも全て適者適存の自然の理である。この世が弱肉強食の生存競争の世界であるのは、生物界の心理である。したがって、つぶれる会社を救う必要も
貧乏人を助かる必要もない
・アフリカやアマゾンのような未開社会から「進化」によって、人間社会に進歩がおきついには最も優れた「西洋文明」が誕生した。その後も人間同士の生存競争によって最も優れた人間だけが生き残り、今も反映している

<本書の理論>
・進化と進歩の違いの誤解。進化には、なんらかの価値は無関係。
・進化とは、集団の中の遺伝子頻度が時間とともに変化することをさす。重要なのは遺伝子の変化であること。狩猟が農耕に推移したのは進歩であり進化ではない。
・ダーウィンが考える進化論のベースは「自然淘汰」。自然淘汰の基本条件は
 1)生物には、生き残るよりも多くの子が生まれる
 2)生物の個体には、同じ主に属していても、さまざまな変異がみられる
 3)変異の中には、生存や繁殖に影響を���ぼすものがある
 4)そのような変異の中には、親から子へと遺伝するものがある
・突然変異はランダムに発生。たまたま、外部の環境に適応できたものが生き残るだけ。

③現状なんて肯定できない! 価値判断の誤解
 進化論を認めることは、人間の現状がこうなっていることを認めることであり現状を肯定することになる。しかし、人間社会の現状は、差別、不平等、搾取などにあふれており、とても肯定できるものではない

<本書の理論>
・自然淘汰に目的などないし、なんらかの価値判断もない。例えば、人間は猫と違って夜目がきかないが、これは、夜は何も見る必要がないと言えるのか?

④キリンの首は何故長いのか? 用不要説の誤解
・キリンが一生懸命高いところの草を食べようとしていたので、首が伸びた。それが子供に遺伝して(それを何千回も繰り返して〉今の首の長さになったのだ(ラマルクの用不用説)

⑤チンパンジーは長い月日を得るとやがて人間に進化するかもしれない。 猿の惑星の誤解
・進化とは一本のはしごのようなものであり、その頂点に立つのが人間。すなわち進化の最終形が人間である。

<本書の理論>
・進化は枝分かれしており、梯子型のモデルではない。全ての生物は進化の最先端にいる。

⑥進化とは種の保存のために行われる -レミングの自殺の誤解
・固体の利益よりも種の利益を優先する。増えすぎたら、崖に飛び込んで自殺するレミング。


⑦好きだから助けるんだ。そんなの当たり前じゃないか!-感情システムの起源の誤解
<本書の理論>
・レミングは単なる事故死
・群淘汰は基本的にはNO
・利他的行動と利己的行動。血縁淘汰。
・吸血こうもり。血を飲まないと一定時間で死んでしまう。なので、血を分けてもらう行為を行って生き延びる。互恵システム。でも、いつももらってばかりのこうもりもいるはず。
・フリーライダー(裏切り者)を見つける検地機能。人は互恵的な生き物であるため社会契約を守らない寄生者に鋭敏な適応機能が備わっている。
・他人の裏切り(ごまかし、たかり)を発見するには、全ての取引を記録するしかないがコストがかかる。したがって、感情メカニズムが発達してきた。好き嫌いといった感情は互恵的利他的行動を発展させるために生み出されたもの。
 -友情と好き嫌いの感情
 -道義的な攻撃
 -感謝と同情
 -罪悪感とそれを補うための利他行動
 

2010/02/17 21:57

投稿元:ブクログ

教科書として購入。進化という視点から動物や人間の行動・心理について説明。とくに人間社会についての部分は面白い。わかりやすく解説してあるので、特に生物学の予備知識はいらないと思う。

2012/03/23 02:05

投稿元:ブクログ

 進化心理学の入門書。人間と他の生物とを比較しながら論じている。「生物の中のヒト(人間)」という一貫したスタイルを通しているようであった。著者の語り口が優しく、進化心理学、延いては生き物の素晴らしさ、神秘を伝えようとする熱意が感じられ、読めば読むほど惹きこまれていった。
 進化心理学の本は初めてだったこともあるが、本書を読んだことで世界観が大きく変わった。

2015/01/13 14:38

投稿元:ブクログ

心理学を学んでいて、ある心の働きについて議論する時、しばしば「適応的」観点とか「進化論的」観点からの説明を聞きました。
でも、そもそも「進化」って何だ? 何が「適応的」なんだ? ということが個人的にあやふやなままだったので、それを明快に解説してくれる本を欲していました。
この本は、入門書的な分かりやすさで、「進化」と、人間の行動・心の働きについて説明しています。そして、私達がよく知らないまま使いがちな進化論の本当のことについて、誤解を正してくれます。

日常会話では、「進化」という言葉は、「より良く、効率的な状態に進歩する」というようなニュアンスで使われてます。が、本書が解説する通り、本来「進化」とは、「集団中の遺伝子頻度が時間とともに変化すること」しか意味していません。
遺伝子は、より強くなろうとか効率的になろうとか言った目標や意志は持たず、完全にランダムに変異する存在です。そして、たまたまその環境で有利だった形質だけが自然淘汰によって残り、子に受け継がれて広まることが「適応」です。

他にも、動物が自分達の種の利益・保存のために行動する、というのは間違いであるという話。人の性格や知能を決めるのが、遺伝子か環境どちらかなのではなくて、「遺伝子は環境に応答しながら発現」し、行動はその影響を受けるのみであるという話。さらに、男女の性差と人間社会の配偶システムの話……など、進化論によって私達の認識を捉え直すような話が多く含まれています。

人間も進化してきた生物である以上、その心も、それが生み出した文化や倫理も、最終的には進化心理学の話と繋がって説明されることになると思います。まだ本書の時点では決着の付いていない問題も多いですが、この本は進化というものを考える足掛かりとして、非常に分かりやすかったです。

2015/06/20 16:06

投稿元:ブクログ

動物の行動を、遺伝子進化論の立場から解説した本。
講義形式で様々な事象を解説。人間行動にまで踏み込んでいる点も非常に興味深い

進化論・生態学・行動学 ランキング

進化論・生態学・行動学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む