サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

父ちゃんは二代目紙切り正楽
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: うなぎ書房
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901174-04-5
  • 国内送料無料

紙の本

父ちゃんは二代目紙切り正楽

著者 桂 小南治 (文),林家 二楽 (絵)

のどかな語り口と機知に富んだ芸風で一世を風靡した二代目正楽。彼の願いを胸にした長男は落語家・桂小南治、次男は紙切り林家二楽。二人の息子が亡き父を偲んで綴る、涙と笑いの芸バ...

もっと見る

父ちゃんは二代目紙切り正楽

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

のどかな語り口と機知に富んだ芸風で一世を風靡した二代目正楽。彼の願いを胸にした長男は落語家・桂小南治、次男は紙切り林家二楽。二人の息子が亡き父を偲んで綴る、涙と笑いの芸バカ噺。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

桂 小南治

略歴
〈桂〉1961年埼玉県生まれ。二代目紙切り林家正楽の長男。93年、真打昇進して桂小南治を名乗る。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

軽妙かつ淡々家族間の何気ない会話、落語界のエピソードも満載

2000/07/09 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二代目紙切り林家正楽(本名山崎景作、平成10年7月2日他界)の長男桂小南治が文を、次男がカットを描いた異色の一冊。「紙切り」とは、音曲に合わせて一枚の白い紙をハサミで切り、動物や花火など、何でもあっという間に切ってしまう芸を言う。本書には63歳で逝った正楽の思い出を綴ったもので、生い立ちから始まり、弟子入り時代のエピソード、落語家志望から「紙切り」に転じた経緯、父親の夢を継いで落語家になった林家二楽の話などが、長男桂小南治の語りを通し、軽妙かつ淡々と綴られている。昭和10年、正楽は、後の春日部で、代々続く農家の長男に生まれる。中学卒業と同時に草加市のミシン工場に就職、縫製工として働く。この職場で知り合った村田美保子と結婚、二児をもうける。当時の工場では一日中、ラジオが流れ、父はミシンを踏みながら、落語や漫才を聴いていた。当時は文楽、志ん生、円歌、柳橋、円生、正蔵、今輔、柳好、可楽、痴楽、金馬、文治、三木助、小さんらが連日かかっていた。そうした噺を日々聴く内、自然に覚え、図々しくも稲荷町に住む八代目林家正蔵の門を叩く。東武線から一本で行ける浅草の、最も近くに住む師匠というので選んだのだそうだ。入門を許された父は、林家正作の芸名をもらい、春日部から稲荷町まで毎日通う。朝六時に家を出て、駅まで20分歩き、浅草まで電車で1時間、浅草から稲荷町までは電車賃を倹約して20分歩いた。しかし稽古は付けてもらえない。かなり強い春日部訛りがあったからだ。上野の鈴本に出た時も、訛りのため客が怒り、ある時は客が出ていったりで、困った師匠は紙切り初代林家正楽宅に連れて行き、弟子入りを頼み、この世界に入ることになる。その他、「なにをやってもいいけけどォ、男として生まれたからには、少なくとも二十七、八くらいまでにはァ、じぶんのカミサンと子供一人、二人くらいは養える仕事を身につけなくちゃダメめだョォ」と言われたなど、本書には、家族間の何気ない会話、正楽の両親の死、二人の息子の進学話などをはじめ、二代目正楽の師匠、落語家林家正蔵(彦六)、初代紙切り林家正楽、著者の師桂小南等々、落語界のエピソードも満載されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する