サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最新財務諸表論 6訂版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 税務経理協会
  • サイズ:22cm/321p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-419-03600-1
  • 国内送料無料

紙の本

最新財務諸表論 6訂版

著者 山形 休司 (著)

企業会計原則を中心にして、それと計算書類規則とを対比させつつ論述し、税理士試験に必要な内容を重点的に解説。99年10月に公表された「外貨建取引等会計処理基準の改訂に関する...

もっと見る

最新財務諸表論 6訂版

3,132(税込)

ポイント :29pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

企業会計原則を中心にして、それと計算書類規則とを対比させつつ論述し、税理士試験に必要な内容を重点的に解説。99年10月に公表された「外貨建取引等会計処理基準の改訂に関する意見書」を取り入れた6訂版。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

財務諸表論について最近の改正分も取り入れた参考書。税理士試験の参考としているが一般実務化にも役立つ

2000/10/13 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:久保田 晃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は,財務諸表論について,企業会計審議会の意見書などを取り入れながら,最近の会計原則などの改正をも織り込んでまとめた参考書ないしテキストである。したがって財務諸表論に関するオーソドックスな理論を分かりやすく記述しているのが特色である。
 わが国の会計制度は“会計ビックバン”とも評されているように,国際化に直面し,変動期の試練を経験している。この会計制度は,周知のように,わが国では「企業会計原則」,「財務諸表等規則」と「商法」,「商法計算書類規則」との二重の規則のもとにおかれている。うち「企業会計原則」などが,“会計ビックバン”に対して適応が速く,これに対して,「商法」などは遅いという相違が認められている。
 財務諸表論を取り上げる場合,こうしたギャップを認識した上で,体系的にまとめて理解する必要がある。その手法としては適応の速い「企業会計原則」などを中軸としながら「商法」などを配する方式に落ち着く。しかも「企業会計原則」などの中でもすべてが変動にさらされているのではなく,連結決算制度,時価評価などの新しい会計基準が変化の中心となっている。
 本書の内容は,伝統的な財務諸表論の体系に基づきながら,新しい会計基準をも要領よく取り入れている。一方,「商法」会計についても配慮を加えている。すでに新しい会計基準の多くは実施段階に入っており,会計学を学ぶ学生はもちろんのこと実務の上でも,連結決算制度はもちろん有価証券の時価評価などに対する関心が高い。このため,本書は,一般社会人についても,新しい会計基準を研究したい向きには,よい手引きとなるとともに初心者にも理解しやすいような工夫がみられる。あるいは国家試験の受験者などにも参考となろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

会計 ランキング

会計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む