サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神道とは何か 自然の霊性を感じて生きる(PHP新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-61085-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

神道とは何か 自然の霊性を感じて生きる (PHP新書)

著者 鎌田 東二 (著)

弥生時代に起源を持つとされることが多かった神道を、縄文時代以前から人々に宿るアニミズムの感覚に遡り、より大きなスパンで捉え直す。さらに、神仏習合、神仏分離令に至る、神道の...

もっと見る

神道とは何か 自然の霊性を感じて生きる (PHP新書)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

神道とは何か

600 (税込)

神道とは何か

ポイント :5pt / 紙の本より113おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.4MB 無制限
Android EPUB 4.4MB 無制限
Win EPUB 4.4MB 無制限
Mac EPUB 4.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弥生時代に起源を持つとされることが多かった神道を、縄文時代以前から人々に宿るアニミズムの感覚に遡り、より大きなスパンで捉え直す。さらに、神仏習合、神仏分離令に至る、神道の歴史を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

神道を国際化せよ

2002/06/16 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少々長くなるが、とりあえず、第一章の本文中から、しばし引用させてもらおう。

『神道とは「神の道」と書く。それは神の教え、すなわち「神教」ではなく、教義でも教典でもない。それは一つの道、「神ウェイ」として、生活の流儀として、存在の流れとして伝承されてきたものである。海にも道があり山にも道があり、人の世にも道があるように、人が生きる生活の場にはかならず道ができる。生命の道、また生活文化的な伝達としてのの道、すなわち自然環境の中にある道と文化的な伝承として伝えられてきた道とがあって、道の文化としての神道が発生してきたのである。』

 非常に納得のいく定義であると思う。
 なにより、古い時代に軍国化のシンボルとして色のついた神道でも、あやしげなカルトでもない、ごくごく自然なまなざしが心地よい。
 本書では、このような視点にたって、環太平洋文化、縄文から現代に至るまでの日本文化、エコロジーなどの諸要素と、神道との関係を検証、考察してしていき、外来のどんな要素でも貪欲に呑み込んでしまう神道と日本文化、という特性を強調し、「神道の国際化」という、極めてポジティブなビジョンを提示して終わる。
 読んでいて、非常に愉快でした。ハイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神を語る言葉・向こう側からやってくる言葉

2001/01/04 20:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校生にもわかってもらえる本を書きたいと思いつづけてきたと著者は書いていて、その意図は成功していると思う。確かに高校生にも「わかる」だろう。しかしそれではいったいどれくらいの人が本書を通じて「神道とは存在感覚である」(80頁)という著者の主張を、そして「この大気そのものの中に何かがある」(ラフカディオ・ハーン)といった「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン)を「実感」できるだろうか。

 あるいはまた本書は次の方法論的宣言を自ら実証しているだろうか。《…伝承されてきた神話や物語や儀式を外側から観察し調査し、それを分析するだけでなく、私たち自身の内側に起こってくる感覚の変容、あるいは身体の変容そのものをも、現象学的な研究の対象として考えていくべきであると私は思う。/折口[信夫]の言葉を使って言えば、実感と実証を結びつけるという作業が必要なのである。とりわけ神道のような伝承的宗教や信仰体系においては、この実感を基にした考察、洞察は不可欠であると思われる。》(33頁)

 本書が失敗作だといいたいのではない。それどころか旺盛な執筆活動を展開してきた著者の現時点での集大成ともいうべき水準を示す著書だと思う。──たとえば「神は存在世界の存在論である。仏とは人間世界の実践論であり、認識論である」(190頁)とか「神道が神主(神がかりする者)だとすれば、仏教は審神者[さにわ](神がかりを正しく査定し位置づける者)であ」る(210頁)といった指摘は「深い」。

 結局のところ言葉のありようなのだろう。語り得ないもの(聖なるもの、超越的なもの、ハレ、非日常等々だけではなくて、そもそも言葉の意味も)をいたずらに神秘化して「示す」よりは、本書のように「高校生にもわかってもらえる」平易で日常的な言葉を使って記述する方がはるかに「生産的」だ。というのも、永井均氏の言葉でいえばマンガという表現形式にともなう約束事(「ふきだし」の中では実際に発音されたせりふも文字で示される)と同様、言葉の「意味」はもともとこの世界に属していない(表現=記述=伝達できない)のだから、そしてそれが「語り得ない」ものの実質なのだから

 本書にもし「不満」があるとすれば、「出口王仁三郎や折口信夫や宮沢賢治が大正十年に述懐したことは、言葉がどこかかなたから来訪し、自分の口や手を通して次から次へと溢れ出てくるというシャーマニズム的な体験である。彼らはシャーマンや霊媒のような立場に立って、向こう側からやってくる言葉を取り次ぎ、この世の言葉に翻訳し語り伝えているというわけである」(176頁)といった文章にうかがえる無媒介的かつ直接的で透明な“生命論的言語観”(?)をつきぬける視点がないということ──それが、本書でおそらくは意図的に言及されていないユダヤ・キリスト教的な言語観と関係するのかどうかは解らないけれど──なのだが、もちろんこれはないものねだりでしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/11 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/04 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/23 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/30 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/13 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む