サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 大和書房の通販
  6. 「星の王子さま」の心理学 永遠の少年か、中心気質者か 新装版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「星の王子さま」の心理学 永遠の少年か、中心気質者か 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-479-75043-6

紙の本

「星の王子さま」の心理学 永遠の少年か、中心気質者か 新装版

著者 矢幡 洋 (著)

星の王子さまはどんな性格の持ち主か。繊細さと鈍感さが奇妙に同居する主人公の言動の謎を、性格心理学の視点から見事に解き明かした、全く新しい「星の王子さま」論。作者サン=テグ...

もっと見る

「星の王子さま」の心理学 永遠の少年か、中心気質者か 新装版

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

星の王子さまはどんな性格の持ち主か。繊細さと鈍感さが奇妙に同居する主人公の言動の謎を、性格心理学の視点から見事に解き明かした、全く新しい「星の王子さま」論。作者サン=テグジュペリについて解説。95年刊の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

矢幡 洋

略歴
〈矢幡洋〉1958年東京都生まれ。京都大学文学部心理学科卒業。臨床心理士を経て、現在、矢幡心理教育研究所代表。東洋大学文学部・千葉大学教育学部講師。著書に「少年Aの深層心理」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目に見えないものとは何か

2001/08/26 18:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「かんじんなことは目には見えない」。これは「星の王子さま」の有名な言葉である。「星の王子さま」に書かれていることはこの言葉に集約されている。しかし、「かんじんなことは目に見えない」、とはいかにもありふれた言葉である。「星の王子さま」を読んだときに感じる、あの、心の深いところに沁みる感じ、子供の頃に戻っていくような感じ、さまざまの気負いや緊張を解かれ裸の心に染み入る感じは、どこからくるのだろうか。私にとってこの本は、そんな疑問に答えてくれる本であり、「星の王子さま」の魅力の謎をとき、一層感動を深めてくれるような本であった。

 著者は、臨床心理士であり、性格心理学やトランスパーソナル心理学を用いて、「星の王子さま」を初めとするサン・デクジュペリの著作とその人物を分析する。私はテグジュペリ関連の書籍をそれほど多く読んだわけではないが、この本の視点はユニークなのではないか。著者は、テグジュペリとその分身である星の王子さまを「中心気質」という性格類型として捉え、中心気質的な生き方が現代社会では過小評価され疎外されていることを、テグジュペリの恵まれない人生と重ねあわせる。さらに、テグジュペリ作品の持っている精神的な力強さ(死を恐れぬ行動)を、トランスパーソナル心理学を援用しながら説明していく。

 この本は学術書ではない。著者がこの本を書くきっかけとなった個人的体験が後書きに記されているが、この本からは「中心気質」的なもの(つまりは「星の王子さま」的なもの)の価値が広く理解されて欲しいという著者の思いが伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/17 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/09 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る